第14章 リソース制約の表示

設定した制約を表示させるコマンドがいくつかあります。

14.1. 設定済みの全制約の表示

以下のコマンドは、現在の場所、順序、ロケーションの制約をすべて表示します。--full オプションを指定すると、制約の内部 ID が表示されます。

pcs constraint [list|show] [--full]

RHEL 8.2 の時点では、リソース制約をデフォルトで一覧表示すると、期限切れの制約が表示されなくなりました。期限切れな制約を含めるには、pcs constraint コマンドの --all オプションを使用します。これにより、期限切れの制約の一覧が表示され、制約とそれに関連するルールが (expired) として表示されます。

14.2. 場所の制約の表示

以下のコマンドは、現在の場所の制約を一覧表示します。

  • resources を指定すると、リソース別に場所の制約が表示されます。これはデフォルトの動作です。
  • nodes を指定すると、ノード別に場所の制約が表示されます。
  • 特定のリソースまたはノードを指定すると、そのリソースまたはノードの情報のみが表示されます。
pcs constraint location [show [resources [resource...]] | [nodes [node...]]] [--full]

14.3. 順序の制約の表示

以下のコマンドは、現在の順序の制約をすべて表示します。

pcs constraint order [show]

14.4. コロケーション制約の表示

次のコマンドは、現在のコロケーション制約を一覧表示します。

pcs constraint colocation [show]

14.5. リソース固有の制約の表示

以下のコマンドは、特定リソースを参照する制約を一覧表示します。

pcs constraint ref resource ...

14.6. リソース依存関係の表示 (Red Hat Enterprise Linux 8.2 以降)

次のコマンドは、クラスターリソース間の関係をツリー構造で表示します。

pcs resource relations resource [--full]

--full オプションを指定すると、制約 ID およびリソースタイプを含む追加情報が表示されます。

以下の例では、C、D、および E の 3 つのリソースが設定されています。

# pcs constraint order start C then start D
Adding C D (kind: Mandatory) (Options: first-action=start then-action=start)
# pcs constraint order start D then start E
Adding D E (kind: Mandatory) (Options: first-action=start then-action=start)

# pcs resource relations C
C
`- order
   |  start C then start D
   `- D
      `- order
         |  start D then start E
         `- E
# pcs resource relations D
D
|- order
|  |  start C then start D
|  `- C
`- order
   |  start D then start E
   `- E
# pcs resource relations E
E
`- order
   |  start D then start E
   `- D
      `- order
         |  start C then start D
         `- C

以下の例では、A および B のリソースが 2 つ設定されています。リソース A および B はリソースグループ G の一部です。

# pcs resource relations A
A
`- outer resource
   `- G
      `- inner resource(s)
         |  members: A B
         `- B
# pcs resource relations B
B
`- outer resource
   `- G
      `- inner resource(s)
         |  members: A B
         `- A
# pcs resource relations G
G
`- inner resource(s)
   |  members: A B
   |- A
   `- B

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。