Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

1.3.3. クラスターおよび Pacemaker の設定ファイル

Red Hat High Availability Add-On の設定ファイルは、corosync.conf および cib.xml です。

corosync.conf ファイルは、Pacemaker を構築するクラスターマネージャー (corosync) が使用するクラスターパラメーターを提供します。通常は、直接 corosync.conf を編集するのではなく、pcs インターフェースまたは pcsd インターフェースを使用します。

cib.xml ファイルは、クラスターの設定、およびクラスターの全リソースにおいて現在の状態を表す XML ファイルです。このファイルは、Pacemaker のクラスター情報ベース (CIB) により使用されます。CIB の内容は、自動的にクラスター全体に同期されます。cib.xml ファイルは直接編集せず、代わりに pcs インターフェースまたは pcsd インターフェースを使用してください。