Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.2.3. GFS2 ファイルシステムで暗号化された論理ボリュームをフォーマットしてクラスター用のファイルシステムリソースを作成します。

前提条件

  • 論理ボリュームを暗号化し、crypt リソースを作成している。

手順

  1. クラスター内の 1 つのノードで、GFS2 ファイルシステムを使用してボリュームをフォーマットします。ファイルシステムをマウントするノードごとに、ジャーナルが 1 つ必要になります。クラスター内の各ノードに十分なジャーナルを作成してください。

    [root@z1 ~]# mkfs.gfs2 -j3 -p lock_dlm -t my_cluster:gfs2-demo1 /dev/mapper/luks_lv1
    /dev/mapper/luks_lv1 is a symbolic link to /dev/dm-3
    This will destroy any data on /dev/dm-3
    Are you sure you want to proceed? [y/n] y
    Discarding device contents (may take a while on large devices): Done
    Adding journals: Done
    Building resource groups: Done
    Creating quota file: Done
    Writing superblock and syncing: Done
    Device:                    /dev/mapper/luks_lv1
    Block size:                4096
    Device size:               4.98 GB (1306624 blocks)
    Filesystem size:           4.98 GB (1306622 blocks)
    Journals:                  3
    Journal size:              16MB
    Resource groups:           23
    Locking protocol:          "lock_dlm"
    Lock table:                "my_cluster:gfs2-demo1"
    UUID:                      de263f7b-0f12-4d02-bbb2-56642fade293
  2. ファイルシステムリソースを作成し、GFS2 ファイルシステムをすべてのノードに自動的にマウントします。

    ファイルシステムは Pacemaker のクラスターリソースとして管理されるため、/etc/fstab ファイルには追加しないでください。マウントオプションは、options=options で、リソース設定に指定できます。すべての設定オプションには、pcs resource describe Filesystem コマンドを実行します。

    以下のコマンドは、ファイルシステムのリソースを作成します。このコマンドは、対象のファイルシステムの論理ボリュームリソースを含むリソースグループに、リソースを追加します。

    [root@z1 ~]# pcs resource create sharedfs1 --group shared_vg1 ocf:heartbeat:Filesystem device="/dev/mapper/luks_lv1" directory="/mnt/gfs1" fstype="gfs2" options=noatime op monitor interval=10s on-fail=fence

検証手順

  1. GFS2 ファイルシステムが、クラスターの両方のノードにマウントされていることを確認します。

    [root@z1 ~]# mount | grep gfs2
    /dev/mapper/luks_lv1 on /mnt/gfs1 type gfs2 (rw,noatime,seclabel)
    
    [root@z2 ~]# mount | grep gfs2
    /dev/mapper/luks_lv1 on /mnt/gfs1 type gfs2 (rw,noatime,seclabel)
  2. クラスターのステータスを確認します。

    [root@z1 ~]# pcs status --full
    Cluster name: my_cluster
    [...]
    
    Full list of resources:
    
      smoke-apc      (stonith:fence_apc):    Started z1.example.com
      Clone Set: locking-clone [locking]
          Resource Group: locking:0
              dlm    (ocf::pacemaker:controld):      Started z2.example.com
              lvmlockd       (ocf::heartbeat:lvmlockd):      Started z2.example.com
          Resource Group: locking:1
              dlm    (ocf::pacemaker:controld):      Started z1.example.com
              lvmlockd       (ocf::heartbeat:lvmlockd):      Started z1.example.com
         Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
      Clone Set: shared_vg1-clone [shared_vg1]
         Resource Group: shared_vg1:0
                 sharedlv1      (ocf::heartbeat:LVM-activate):  Started z2.example.com
                 crypt       (ocf::heartbeat:crypt) Started z2.example.com
                 sharedfs1      (ocf::heartbeat:Filesystem):    Started z2.example.com
        Resource Group: shared_vg1:1
                 sharedlv1      (ocf::heartbeat:LVM-activate):  Started z1.example.com
                 crypt      (ocf::heartbeat:crypt)  Started z1.example.com
                 sharedfs1      (ocf::heartbeat:Filesystem):    Started z1.example.com
              Started:  [z1.example.com z2.example.com ]
    ...