2.4. デフォルトの cloud.cfg ファイル

/etc/cloud/cloud.cfg ファイルは、cloud-init の基本設定を構成するモジュールを一覧表示します。

ファイルのモジュールは、cloud-init のデフォルトのモジュールです。お使いの環境にモジュールを設定したり、不要なモジュールを削除したりすることができます。cloud.cfg に含まれるモジュールは、ファイルに一覧表示されているだけで、必ずしもなんでも実行する訳ではありません。cloud-init フェーズのいずれかでアクションを実行する必要がある場合は、それらを個別に設定する必要があります。

cloud.cfg ファイルは、個別のモジュールを実行するための時系列を提供します。Red Hat が追加するモジュールをサポートする限り、追加のモジュールを cloud.cfg に追加できます。

以下は、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) のファイルのデフォルトコンテンツです。

注記
  • モジュールは、cloud.cfg で指定された順序で実行されます。通常、この順序は変更しません。
  • cloud.cfg ディレクティブは、ユーザーデータによって上書きされることができます。
  • cloud-init を手動で実行する場合は、コマンドラインオプションで cloud.cfg を上書きできます。
  • 各モジュールには独自の設定オプションが含まれており、この設定オプションに特定の情報を追加することができます。
users: 1
 - default

disable_root: 1 2
ssh_pwauth:   0 3

mount_default_fields: [~, ~, 'auto', 'defaults,nofail,x-systemd.requires=cloud-init.service', '0', '2'] 4
ssh_deletekeys:   1 5
ssh_genkeytypes:  ~ 6
syslog_fix_perms: ~ 7
disable_vmware_customization: false 8

cloud_init_modules: 9
 - disk_setup
 - migrator
 - bootcmd
 - write-files
 - growpart
 - resizefs
 - set_hostname
 - update_hostname
 - update_etc_hosts
 - rsyslog
 - users-groups
 - ssh

cloud_config_modules: 10
 - mounts
 - locale
 - set-passwords
 - rh_subscription
 - yum-add-repo
 - package-update-upgrade-install
 - timezone
 - puppet
 - chef
 - salt-minion
 - mcollective
 - disable-ec2-metadata
 - runcmd

cloud_final_modules: 11
 - rightscale_userdata
 - scripts-per-once
 - scripts-per-boot
 - scripts-per-instance
 - scripts-user
 - ssh-authkey-fingerprints
 - keys-to-console
 - phone-home
 - final-message
 - power-state-change

system_info:
  default_user: 12
    name: cloud-user
    lock_passwd: true
    gecos: Cloud User
    groups: [adm, systemd-journal]
    sudo: ["ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL"]
    shell: /bin/bash
  distro: rhel 13
  paths:
    cloud_dir: /var/lib/cloud 14
    templates_dir: /etc/cloud/templates 15
  ssh_svcname: sshd 16

# vim:syntax=yaml
1
システムのデフォルトユーザーを指定します。詳細は、Users and Groups を参照してください。
2
root ログインを有効または無効にします。詳細は、Authorized Keys を参照してください。
3
ssh がパスワード認証を受け入れるよう設定されているかどうかを指定します。詳細は、Set Passwords を参照してください。
4
マウントポイントを設定します。6 つの値を含む一覧でなければなりません。詳細は、Mounts を参照してください。
5
デフォルトのホスト SSH 鍵を削除するかどうかを指定します。詳細は、Host Keys を参照してください。
6
生成する鍵のタイプを指定します。詳細は、Host Keys を参照してください。
7
cloud-init は、起動時に複数のステージで実行されます。cloud-init が、すべてのステージをログファイルにログ記録できるように、このオプションを設定します。このオプションの詳細は、usr/share/doc/cloud-init/examples ディレクトリーの cloud-config.txt ファイルを参照してください。
8
VMware vSphere のカスタマイズを有効または無効にします。
9
本セクションのモジュールは、起動プロセスの初期段階における cloud-init サービスの起動時に実行されるサービスです。
10
これらのモジュールは、初回起動後の cloud-init 設定時に実行されます。
11
これらのモジュールは、設定完了後に cloud-init の最終フェーズで実行されます。
12
デフォルトユーザーの詳細を指定します。詳細は、Users and Groups を参照してください。
13
ディストリビューションを指定します。
14
cloud-init 固有のサブディレクトリーが含まれるメインディレクトリーを指定します。詳細は、Directory layout を参照してください。
15
テンプレートの場所を指定します。
16
SSH サービスの名前