Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 RHEL Image Builder を使用した異なるリリースからのシステムイメージの作成

Image Builder を使用して、RHEL 8.8 と RHEL 8.7 のように、ホストとは異なる複数の RHEL マイナーリリースのイメージを作成できます。その際に、リリースディストリビューションフィールドを設定してソースシステムリポジトリーを追加できます。また、正しいリリースディストリビューションフィールドを設定してブループリントを作成することもできます。

また、古い形式の既存のブループリントまたはソースシステムリポジトリーがある場合は、正しいリリースディストリビューションフィールドを設定して、新しいブループリントを作成できます。

  • サポートされているリリースディストリビューションをリスト表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ composer-cli distros list

    出力には、サポートされるリリースディストリビューション名のリストが表示されます。

    rhel-8
    rhel-84
    rhel-85
    rhel-86
    rhel-87
    rhel-88
    rhel-89
    注記

    RHEL での CentOS イメージのビルドなど、ディストリビューションをまたがるイメージのビルドはサポートされていません。

6.1. CLI での異なるディストリビューションを使用したイメージの作成

RHEL Image Builder CLI でイメージを作成するときに使用するディストリビューションを選択するには、ブループリントで distro フィールドを設定する必要があります。そのためには、以下の手順に従います。

手順

新しいブループリントを作成する場合:
  1. ブループリントを作成します。以下に例を示します。
name = "<blueprint_name>"
description = "<image-description>"
version = "0.0.1"
modules = []
groups = []
distro = "<distro-version>"

distro フィールドを "rhel-88" に設定することで、ホストで実行しているバージョンに関係なく、常に RHEL 8.8 イメージがビルドされるようになります。

注記

distro フィールドが空の場合は、ホストと同じディストリビューションを使用します。

既存のブループリントを更新する場合:
  1. ローカルのテキストファイルに既存のブループリントを保存 (エクスポート) します。
# composer-cli blueprints save EXISTING-BLUEPRINT
  1. 既存のブループリントファイルを任意のテキストエディターで編集し、任意のディストリビューションを distro フィールドに設定します。次に例を示します。

    name = "blueprint_84"
    description = "A 8.8 base image"
    version = "0.0.1"
    modules = []
    groups = []
    distro = "rhel-88"
  2. ファイルを保存してエディターを閉じます。
  3. ブループリントを RHEL Image Builder にプッシュ (インポート) します。

    # composer-cli blueprints push EXISTING-BLUEPRINT.toml
  4. イメージの作成を開始します。

    # composer-cli compose start BLUEPRINT-NAME IMAGE-TYPE

    Compose が完成するまで待ちます。

  5. Compose のステータスを確認します。

    # composer-cli compose status

    Compose が完了すると、ステータスが FINISHED になります。リスト内の Compose をその UUID で識別します。

  6. 作成されたイメージファイルをダウンロードします。

    # composer-cli compose image UUID

    UUID は、前の手順で示した UUID 値に置き換えます。