Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.7. VMDK イメージのアップロードと vSphere での RHEL 仮想マシンの作成

RHEL Image Builder を使用すると、カスタマイズした VMware vSphere システムイメージを Open virtualization format (.ova) または Virtual disk (.vmdk) 形式で作成できます。これらのイメージを VMware vSphere クライアントにアップロードできます。govc import.vmdk CLI ツールを使用して、.vmdk または .ova イメージを VMware vSphere にアップロードできます。作成した vmdk には、インストール済みの cloud-init パッケージが含まれています。このパッケージを使用して、たとえばユーザーデータを使用してユーザーをプロビジョニングできます。

注記

VMware vSphere GUI を使用した vmdk イメージのアップロードはサポートされていません。

前提条件

  • ユーザー名とパスワードをカスタマイズしたブループリントを作成している。
  • RHEL Image Builder を使用して VMware vSphere イメージを .ova または .vmdk 形式で作成し、ホストシステムにダウンロードしている。
  • govc CLI ツールをインストールして設定し、import.vmdk コマンドが使用可能である。

手順

  1. GOVC 環境変数を使用して、ユーザー環境で次の値を設定します。

    GOVC_URL
    GOVC_DATACENTER
    GOVC_FOLDER
    GOVC_DATASTORE
    GOVC_RESOURCE_POOL
    GOVC_NETWORK
  2. VMware vSphere イメージをダウンロードしたディレクトリーに移動します。
  3. 次の手順に従って、vSphere で VMware vSphere イメージを起動します。

    1. VMware vSphere イメージを vSphere にインポートします。

      $ govc import.vmdk ./composer-api.vmdk foldername

      .ova 形式の場合:

      $ govc import.ova ./composer-api.ova foldername
    2. 電源をオンにせずに vSphere に仮想マシンを作成します。

      govc vm.create \
      -net.adapter=vmxnet3 \
      -m=4096 -c=2 -g=rhel8_64Guest \
      -firmware=efi -disk=”foldername/composer-api.vmdk” \
      -disk.controller=scsi -on=false \
       vmname

      .ova 形式の場合は、行 -firmware=efi -disk=”foldername/composer-api.vmdk” \ を `-firmware=efi -disk=”foldername/composer-api.ova” \ に置き換えます。

    3. 仮想マシンの電源をオンにします。

      govc vm.power -on vmname
    4. 仮想マシンの IP アドレスを取得します。

      govc vm.ip vmname
    5. ブループリントで指定したユーザー名とパスワードで、SSH を使用して、仮想マシンにログインします。

      $ ssh admin@<_ip_address_of_the_vm_>
      注記

      govc datastore.upload コマンドを使用してローカルホストから宛先に .vmdk イメージをコピーしても、コピーして作成したイメージを使用することはできません。vSphere GUI には import.vmdk コマンドを使用するオプションがないため、vSphere GUI は直接アップロードをサポートしません。そのため、.vmdk イメージを vSphere GUI から使用することはできません。