Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.5. Microsoft Azure クラウドへの VHD イメージのアップロード

カスタマイズした VHD イメージを作成したら、それを Microsoft Azure クラウドにアップロードできます。

前提条件

  • Microsoft Azure VHD イメージをアップロードするようにシステムを設定している。Microsoft Azure VHD イメージのアップロードの準備 を参照してください。
  • RHEL Image Builder で Microsoft Azure VHD イメージを作成している。

    • CLI で、vhd 出力タイプを使用します。
    • GUI で、Azure Disk Image (.vhd) イメージタイプを使用します。

手順

  1. イメージを Microsoft Azure にプッシュし、そこからインスタンスを作成します。

    $ az storage blob upload --account-name <account_name> --container-name <container_name> --file <_image_-disk.vhd> --name <_image_-disk.vhd> --type page
    ...
  2. Microsoft Azure Blob ストレージへのアップロードが完了したら、そこから Microsoft Azure イメージを作成します。

    $ az image create --resource-group &lt; _resource_group_name_&gt; --name &lt;_image_-disk.vhd&gt;  --os-type linux --location eastus --source https://$ACCOUNT.blob.core.windows.net/&lt;_container_name_&gt; &lt;_image_-disk.vhd&gt;
     - Running ...

検証

  1. Microsoft Azure ポータル、または以下のようなコマンドを使用して、インスタンスを作成します。

    $ az vm create --resource-group &lt;_resource_group_name_&gt; --location eastus --name &lt;_image_-disk.vhd&gt; --image &lt;_image_-disk.vhd&gt; --admin-username azure-user --generate-ssh-keys
     - Running ...
  2. 秘密鍵を使用して、SSH 経由で、作成されたインスタンスにアクセスします。azure-user としてログインします。このユーザー名は前の手順で設定したものです。