Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.3. lorax-composer RHEL Image Builder バックエンドに戻す手順

osbuild-composer バックエンドは、はるかに拡張性が高くなっていますが、現時点では以前の lorax-composer バックエンドとの機能パリティーがありません。

以前のバックエンドに戻すには、以下の手順に従います。

前提条件

  • osbuild-composer パッケージがインストールされている。

手順

  1. osbuild-composer バックエンドを削除します。

    # yum remove osbuild-composer
    # yum remove weldr-client
  2. /etc/yum.conf ファイルで、osbuild-composer パッケージの除外エントリーを追加します。

    # cat /etc/yum.conf
    [main]
    gpgcheck=1
    installonly_limit=3
    clean_requirements_on_remove=True
    best=True
    skip_if_unavailable=False
    exclude=osbuild-composer weldr-client
  3. lorax-composer パッケージをインストールします。

    # yum install lorax-composer composer-cli
  4. lorax-composer サービスを有効にして開始し、再起動するたびに開始します。

    # systemctl enable --now lorax-composer.socket
    # systemctl start lorax-composer