3.8. インストール済みパッケージ

Image Builder を使用してシステムイメージを作成すると、システムはデフォルトでベースパッケージのセットをインストールします。パッケージのベースリストは、comps core グループのメンバーです。

表3.1 イメージタイプの作成をサポートするデフォルトパッケージ

イメージタイプデフォルトパッケージ

alibaba.ks

kernel, selinux-policy-targeted, cloud-init

ami.ks

kernel, selinux-policy-targeted, chrony, cloud-init

ext4-filesystem.ks

policycoreutils, selinux-policy-targeted, kernel

google.ks

kernel, selinux-policy-targeted

live-iso.ks

isomd5sum, kernel, dracut-config-generic, dracut-live, system-logos, selinux-policy-targeted

openstack.ks

kernel, selinux-policy-targeted

partitioned-disk.ks

kernel, selinux-policy-targeted

qcow2.ks

kernel, selinux-policy-targeted

tar.ks

policycoreutils, selinux-policy-targeted

vhd.ks

kernel, selinux-policy-targeted, chrony, WALinuxAgent, python3, net-tools, cloud-init, cloud-utils-growpart, gdisk

vmdk.ks

kernel, selinux-policy-targeted, chrony, open-vm-tools

注記

Blueprint にコンポーネントを追加する場合は、追加したコンポーネントのパッケージが他のパッケージコンポーネントと競合しないようにする必要があります。競合すると、システムが依存関係の解決に失敗します。これにより、カスタマイズしたイメージを作成することはできなくなります。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。