Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第3章 RHEL Image Builder リポジトリーの設定

RHEL Image Builder を使用するには、確実にリポジトリーを設定する必要があります。RHEL Image Builder では、以下のタイプのリポジトリーを使用できます。

公式リポジトリーのオーバーライド
Red Hat Content Delivery Network (CDN) 公式リポジトリー以外の場所 (ネットワーク内のカスタムミラーなど) からベースシステム RPM をダウンロードする場合は、これらを使用します。公式リポジトリーのオーバーライドを使用するとデフォルトのリポジトリーが無効になるため、カスタムミラーには必要なパッケージがすべて含まれている必要があります。
カスタムサードパーティーリポジトリー
これらを使用して、公式の RHEL リポジトリーで利用できないパッケージを含めます。

3.1. RHEL Image Builder へのカスタムサードパーティーリポジトリーの追加

カスタムのサードパーティーソースをリポジトリーに追加し、composer-cli 使用してこれらのリポジトリーを管理できます。

前提条件

  • カスタムサードパーティーリポジトリーの URL を持っている。

手順

  1. /root/repo.toml などのリポジトリーソースファイルを作成します。以下に例を示します。

    id = "k8s"
    name = "Kubernetes"
    type = "yum-baseurl"
    url = "https://server.example.com/repos/company_internal_packages/"
    check_gpg = false
    check_ssl = false
    system = false

    type フィールドは、有効な値 yum-baseurlyum-mirrorlist、および yum-metalink を受け入れます。

  2. ファイルを TOML 形式で保存します。
  3. 新しいサードパーティーソースを RHEL Image Builder に追加します。

    $ composer-cli sources add <file-name>.toml

検証

  1. 新しいソースが正常に追加されたかどうかを確認します。

    $ composer-cli sources list
  2. 新しいソースコンテンツを確認します。

    $ composer-cli sources info <source_id>