3.3. コマンドラインインターフェースで Image Builder の Blueprint の編集

この手順は、コマンドラインインターフェースで既存の Image Builder の Blueprint を編集する方法を説明します。

手順

  1. ローカルのテキストファイルに Blueprint を保存 (エクスポート) します。

    # composer-cli blueprints save BLUEPRINT-NAME
  2. BLUEPRINT-NAME.toml ファイルを、選択したテキストエディターで編集し、変更を加えます。
  3. 編集を終了する前に、ファイルが有効な Blueprint であることを確認してください。

    1. 次の行がある場合は削除します。

      packages = []
    2. バージョン番号を大きくしてください。Image Builder の Blueprint バージョンは Semantic Versioning スキームを使用する必要があります。バージョンを変更しないと、バージョンの patch コンポーネントが自動的に増えます。
    3. コンテンツが有効な TOML 仕様かどうかを確認します。詳細は、TOML のドキュメント を参照してください。

      注記

      TOML のドキュメントはコミュニティーが提供しているため、Red Hat のサポート対象外となります。このツールの問題は、https://github.com/toml-lang/toml/issues から報告できます。

  4. ファイルを保存してエディターを閉じます。
  5. Blueprint を Image Builder にプッシュ (インポート) します。

    # composer-cli blueprints push BLUEPRINT-NAME.toml

    .toml 拡張子を含むファイル名を指定する必要がありますが、他のコマンドでは Blueprint の名前のみを使用することに注意してください。

  6. Image Builder にアップロードしたコンテンツが編集内容と一致することを確認するには、Blueprint のコンテンツの一覧を表示します。

    # composer-cli blueprints show BLUEPRINT-NAME
  7. Blueprint に一覧表示されているコンポーネントおよびバージョンと、その依存関係が有効かどうかを確認します。

    # composer-cli blueprints depsolve BLUEPRINT-NAME

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。