第4章 Image Builder Web コンソールインターフェースでシステムイメージの作成

Image Builder は、カスタムのシステムイメージを作成するツールです。Image Builder を制御してカスタムシステムイメージを作成する場合は、Web コンソールインターフェースを使用できます。ただし、コマンドラインインターフェース の方が提供している機能が多いため、コマンドラインインターフェースを使用することが推奨されます。

4.1. RHEL 8 Web コンソールで Image Builder GUI へのアクセス

RHEL 8 Web コンソールの cockpit-composer プラグインを使用すると、グラフィカルインターフェースを使用して、Image Builder の Blueprint と Compose を管理できるようになります。現在、Image Builder を制御するのに推奨される方法は、コマンドラインインターフェースを使用することです。

前提条件

  • システムへの root アクセス権限がある。

手順

  1. Image Builder がインストールされている Web ブラウザーで https://localhost:9090/ を開きます。

    Image Builder にリモートでアクセスする方法は『RHEL 8 で Web コンソールを使用したシステムの管理』を参照してください。

  2. そのシステムへの権限が十分なユーザーアカウントの認証情報で、Web コンソールにログインします。
  3. Image Builder コントロールを表示するには、ウィンドウの左上にある Image Builder アイコンをクリックします。

    Image Builder ビューが開き、既存の Blueprint の一覧が表示されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。