4.7. Blueprint のユーザーアカウントの作成

Image Builder で作成したイメージでは root アカウントがロックされ、他のアカウントは含まれていません。このような設定は、パスワードなしで誤ってイメージをビルドし、デプロイできないように提供されます。Image Builder を使用すると、Blueprint のパスワードでユーザーアカウントを作成でき、Blueprint から作成したイメージにログインできます。

前提条件

  • ブラウザーで、RHEL 8 Web コンソールの Image Builder インターフェースを開いている。
  • 既存の Blueprint がある。

手順

  1. 左上の検索ボックスに Blueprint の名前またはその一部を入力し、Enter を押して、ユーザーアカウントを作成する Blueprint を検索します。

    テキスト入力フィールドの下にあるフィルターリストに検索条件が追加され、その下の Blueprint のリストが、検索条件と一致するものに絞られます。

  2. Blueprint 名をクリックして、Blueprint の詳細を表示します。

    Image Builder がユーザーアカウントの作成
  3. ユーザーアカウントの作成 をクリックします。

    これにより、ユーザーアカウントを作成するフィールドを含むウィンドウが開きます。

    Image Builder 作成のユーザーアカウント 2
  4. 詳細を入力します。名前を入力すると、ユーザー名 のフィールドが自動補完され、ユーザー名を提案することに注意してください。
  5. 必要な情報をすべて入力したら、作成 をクリックします。
  6. 作成したユーザーアカウントが表示され、追加したすべての情報が表示されます。

    作成された Image Builder ユーザーアカウント
  7. Blueprint のユーザーアカウントをさらに作成する場合は、プロセスを繰り返します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。