3.6. Image Builder の Blueprint 形式

TOML (Tom’s Obvious Minimal Language) 形式の平文テキストとして、Image Builder の Blueprint をユーザーに提示します。

一般的な Blueprint ファイルの要素は次のとおりです。

Blueprint のメタデータ
name = "BLUEPRINT-NAME"
description = "LONG FORM DESCRIPTION TEXT"
version = "VERSION"

BLUEPRINT-NAME および LONG FORM DESCRIPTION TEXT を、Blueprint の名前および説明に置き換えます。

Semantic Versioning スキームに従い、VERSION をバージョン番号に置き換えます。

この部分は、Blueprint ファイル全体に対して一度だけ提示します。

modules エントリーは、パッケージの名前と、イメージにインストールするバージョンと一致する glob を説明します。

group エントリーは、イメージにインストールされるパッケージのグループを説明します。グループはパッケージを以下のように分類します。

  • 必須
  • デフォルト
  • 任意

    Blueprint は、必須パッケージをインストールします。オプションパッケージを選択するメカニズムはありません。

イメージに追加するグループ
[[groups]]
name = "group-name"

group-name を、anaconda-toolswidgetwheelusers などのグループ名に置き換えます。

イメージに追加するパッケージ
[[packages]]
name = "package-name"
version = "package-version"

package-name を、パッケージ名 (httpdgdb-doccoreutils など) に置き換えます。

package-version を、使用するバージョンに置き換えます。このフィールドは、dnf バージョンの指定に対応します。

  • 特定のバージョンを指定する場合は、8.30 のように、バージョン番号を正確に指定してください。
  • 利用可能な最新バージョンを指定する場合は、アスタリスク (*) を使用します。
  • 最新のマイナーバージョンを指定する場合の形式は、8.* のようになります。

追加するすべてのパッケージにこのブロックを繰り返します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。