6.6. Buildah でイメージまたはコンテナーの削除

特定のコンテナーやイメージの使用を終えたら、それぞれ buildah rm または buildah rmi で削除します。以下に例をいくつか示します。

前のセクションで作成したコンテナーを削除する場合は、以下を入力して、マウントされたコンテナーを表示し、マウントを解除して削除します。

# buildah containers
CONTAINER ID  BUILDER  IMAGE ID     IMAGE NAME                       CONTAINER NAME
05387e29ab93     *     c37e14066ac7 docker.io/library/myecho:latest  myecho-working-container
# buildah mount
05387e29ab93 /var/lib/containers/storage/devicemapper/mnt/9274181773a.../rootfs
# buildah umount 05387e29ab93
# buildah rm 05387e29ab93
05387e29ab93151cf52e9c85c573f3e8ab64af1592b1ff9315db8a10a77d7c22

以前作成したイメージを削除する場合は、以下を入力します。

# buildah rmi docker.io/library/myecho:latest
untagged: docker.io/library/myecho:latest
ab230ac5aba3b5a0a7c3d2c5e0793280c1a1b4d2457a75a01b70a4b7a9ed415a

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。