2.6. イメージの削除

システムにあるイメージの一覧を表示するには、podman images コマンドを実行します。不要になったイメージを削除するには、podman rmi コマンドに、イメージ ID または名前をオプションとして追加して実行します。イメージを削除する前に、イメージから実行したコンテナーを停止する必要があります。 以下に例を示します。

# podman rmi ubi8-init
7e85c34f126351ccb9d24e492488ba7e49820be08fe53bee02301226f2773293

同じコマンドラインで複数のイメージを削除できます。

# podman rmi registry.redhat.io/rhel8/rsyslog support-tools
46da8e23fa1461b658f9276191b4f473f366759a6c840805ed0c9ff694aa7c2f
85cfba5cd49c84786c773a9f66b8d6fca04582d5d7b921a308f04bb8ec071205

すべてのイメージを削除する場合は、以下のようなコマンドを使用すると、ローカルレジストリーからすべてのイメージを削除できます (このコマンドを実行する前に、コマンドの実行内容を必ず確認してください)。

# podman rmi -a
1ca061b47bd70141d11dcb2272dee0f9ea3f76e9afd71cd121a000f3f5423731
ed904b8f2d5c1b5502dea190977e066b4f76776b98f6d5aa1e389256d5212993
83508706ef1b603e511b1b19afcb5faab565053559942db5d00415fb1ee21e96

複数の名前 (タグ) が関連付けられているイメージを削除するには、force オプションを追加して削除する必要があります。以下に例を示します。

# podman rmi -a
A container associated with containers/storage, i.e. via Buildah, CRI-O, etc., may be associated with this image: 1de7d7b3f531

# podman rmi -f 1de7d7b3f531
1de7d7b3f531...