はじめに

Red Hat は、コンテナーのユースケースを、シングルノードとマルチノードという別々のグループに分類します。マルチノードは、分散システムと呼ばれることもあります。OpenShift は、コンテナー化されたアプリケーションのパブリックでスケーラブルなデプロイメントを提供するために構築されました。ただし、OpenShift 以外では、コンテナーを操作する、小規模で機敏なツールセットがあると便利です。

参照するコンテナツールセットは、シングルノードのユースケースで使用できます。ただし、既存のビルドシステム (CI/CD 環境) にこのツールを接続することもできます。また、これを使用して、ビッグデータなどのワークロード固有のユースケースを処理することもできます。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 は、シングルノードのユースケースを対象として、個々のコンテナーを検索、実行、ビルド、および共有するツールセットを提供します。

本ガイドでは、podman、buildah、skopeo、runc などのコマンドラインツールを使用して、RHEL 8 システムで Linux コンテナーを使用する方法を説明します。以上のツールに加えて、Red Hat は、お客様が所有するイメージの基盤として機能するベースイメージを提供します。このベースイメージの一部は、ビジネスアプリケーション (Node.js、PHP、Java、Python など) からインフラストラクチャー (ロギング、データ収集、認証など) までのユースケースを対象としています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。