6.2. Buildah でイメージの取得

buildah で使用するコンテナーイメージを取得するには、buildah from コマンドを使用します。これは、buildah コマンドを使用して、Red Hat Registry から、RHEL 8 イメージを作業コンテナーとして取得する方法です。

# buildah from registry.redhat.io/ubi8/ubi
Getting image source signatures
Copying blob…
Writing manifest to image destination
Storing signatures
ubi-working-container
# buildah images
IMAGE ID      IMAGE NAME                          CREATED AT         SIZE
3da40a1670b5  registry.redhat.io/ubi8/ubi:latest  May 8, 2019 21:55  214 MB
# buildah containers
CONTAINER ID  BUILDER  IMAGE ID     IMAGE NAME         CONTAINER NAME
c6c9279ecc0f     *     3da40a1670b5 ...ubi8/ubi:latest ubi-working-container

buildah from コマンドの結果は、イメージ (registry.redhat.io/ubi8/ubi:latest) と、そのイメージから実行する準備ができている作業コンテナー (ubi-working-container) です。そのコンテナーからコマンドを実行する方法の例を以下に示します。

# podman run ubi-working-container cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux release 8.0

これで、イメージとコンテナーを Buildah で使用できるようになりました。