Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.6. 特権および非特権 Podman コンテナー

デフォルトでは、Podman コンテナーは権限がないため、たとえばホスト上のオペレーティングシステムの一部を変更することはできません。これは、デフォルトでは、コンテナーはデバイスへの限定的なアクセスしか許可されないためです。

以下は、特権コンテナーの重要なプロパティーの一覧です。特権コンテナーは、podman run --privileged <image_name> コマンドを使用して実行できます。

  • 特権コンテナーには、コンテナーを起動するユーザーと同じデバイスへのアクセス権限が付与されます。
  • 特権コンテナーは、コンテナーをホストから分離するセキュリティー機能を無効にします。削除された機能、制限されたデバイス、読み取り専用マウントポイント、Apparmor/SELinux の分離、および Seccomp フィルターは、すべて無効にされます。
  • 特権コンテナーには、それらを起動したアカウント以上の特権を割り当てることはできません。

関連情報