Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 コンテナーイメージの種類

コンテナーイメージは、単一コンテナー実行の全要件、およびそのニーズおよび機能を記述するメタデータを含むバイナリーです。

コンテナーイメージには、以下の 2 つのタイプがあります。

  • Red Hat Enterprise Linux Base Images (RHEL ベースイメージ)
  • Red Hat Universal Base Images (UBI イメージ)

どちらのタイプのコンテナーイメージも Red Hat Enterprise Linux の一部から構築されます。これらのコンテナーを使用することで、ユーザーは、信頼性、セキュリティー、パフォーマンス、ライフサイクルを最大限に活用できます。

2 種類のコンテナーイメージの主な違いは、UBI イメージではコンテナーイメージを他のタイプと共有できる点です。UBI を使用してコンテナー化アプリケーションをビルドして、任意のレジストリーサーバーにプッシュし、他のサーバーと簡単に共有し、Red Hat 以外のプラットフォームにもデプロイできます。UBI イメージは、コンテナーで開発されるクラウドネイティブおよび Web アプリケーションユースケースの基礎として設計されています。

2.1. RHEL コンテナーイメージの一般的な特徴

以下の特徴は、RHEL ベースイメージと UBI イメージの両方に当てはまります。

一般的には、RHEL コンテナーイメージの特徴は以下のとおりです。

  • サポートされる - コンテナー化されたアプリケーションでの使用は、Red Hat によりサポートされています。Red Hat Enterprise Linux で、安全で、テストされ、認定されたものと同じソフトウェアパッケージが含まれています。
  • カタログ化される - 「Red Hat Container Catalog」 の一覧に追加されます。ここでは、各イメージの説明、技術詳細、および正常指数を確認できます。
  • 更新される - 明確に定義された更新スケジュールで提供されます。最新のソフトウェアを取得するには、Red Hat Container Image の更新記事 を参照してください。
  • 追跡される - Red Hat 製品エラータにより追跡され、各更新に追加された変更を理解するのに役立ちます。
  • 再利用できる: コンテナーイメージは、一度実稼働環境にダウンロードしてキャッシュする必要があります。各コンテナーイメージは、基盤として含まれるすべてのコンテナーで再利用できます。