Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第11章 実行中の UBI コンテナーへのソフトウェアの追加

UBI (Red Hat Universal Base Images) は、RHEL コンテンツのサブセットから構築されます。UBI は、UBI でインストールするために自由に利用可能な RHEL パッケージのサブセットも提供します。実行中のコンテナーにソフトウェアを追加または更新するには、RPM パッケージおよび更新を含む yum リポジトリーを使用します。UBI は、Python、Perl、Node.js、Ruby などの事前にビルドされた言語ランタイムコンテナーイメージを提供します。

UBI コンテナーを実行するパッケージを UBI リポジトリーから追加するには、以下を行います。

  • UBI init および UBI 標準イメージでは、yum コマンドを使用します。
  • UBI の最小イメージでは、microdnf コマンドを使用します。
注記

実行中のコンテナーでソフトウェアパッケージを直接インストールして作業すると、パッケージを一時的に追加します。この変更はコンテナーイメージに保存されません。パッケージの変更を永続的にするには、「 Building an image from a Containerfile with Buildah 」を参照してください。

注記

UBI コンテナーにソフトウェアを追加する場合は、サブスクライブしている RHEL ホスト、またはサブスクライブしていない (または非 RHEL) システムで UBI を更新する手順が異なります。

11.1. UBI コンテナーへのソフトウェアの追加 (サブスクライブされたホスト)

登録およびサブスクライブされた RHEL ホストで UBI コンテナーを実行している場合は、RHEL Base リポジトリーおよび AppStream リポジトリーが、標準の UBI コンテナーとすべての UBI リポジトリーで有効になります。