Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.4.2. buildah copy および buildah config でコンテナーの変更

buildah copy を使用して、最初にマウントしなくても、ファイルをコンテナにコピーできます。以下は、前のセクションで作成 (およびマウントを解除) した myecho-working-containerを使用して、新しいスクリプトをコンテナーにコピーし、コンテナーの設定を変更して、デフォルトでそのスクリプトを実行します。

newecho という名前のスクリプトを作成し、実行可能にします。

# cat newecho
echo "I changed this container"
# chmod 755 newecho

新しい作業コンテナーを作成します。

# buildah from myecho:latest
myecho-working-container-2

newecho を、コンテナーの /usr/local/bin にコピーします。

# buildah copy myecho-working-container-2 newecho /usr/local/bin

newecho スクリプトを、新しいエントリーポイントとして使用するように設定を変更します。

# buildah config --entrypoint "/bin/sh -c /usr/local/bin/newecho "myecho-working-container-2

新しいコンテナーを実行すると、newecho コマンドが実行します。

# buildah run myecho-working-container-2
I changed this container

期待したようにコンテナーが動作すれば、新しいイメージ (mynewecho) にコミットできます。

# buildah commit myecho-working-container-2 containers-storage:mynewecho