Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

8.2.2. Runlabel を使用した support-tools の実行

rhel8/support-tools コンテナーイメージは、sosreportsos-collector などのツールを実行して、ホストシステムを解析するのに役に立ちます。support-tools イメージの実行を簡素化するために、run の runlabel が追加されています。以下の手順では、support-tools イメージの実行方法を説明します。

手順

  1. support-tools イメージをプルします。

    # podman pull registry.redhat.io/rhel8/support-tools
  2. support-toolsrun runlabel を表示します (ただし実行はしていません)。

    # podman container runlabel run --display rhel8/support-tools
    command: podman run -it --name support-tools --privileged --ipc=host --net=host --pid=host -e HOST=/host -e NAME=support-tools -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel8/support-tools:latest -v /run:/run -v /var/log:/var/log -v /etc/machine-id:/etc/machine-id -v /etc/localtime:/etc/localtime -v /:/host registry.redhat.io/rhel8/support-tools:latest

    これは、コマンドがディレクトリーをマウントし、ホストシステムに対して特権と名前空間 (ipc、net、およびpid) を開くことを示しています。ホストの root ファイルシステムを、コンテナーの /host ディレクトリーに割り当てます。

  3. support-tools に、run runlabel を実行します。

    # podman container runlabel run rhel8/support-tools
    command: podman run -it --name support-tools --privileged --ipc=host --net=host --pid=host -e HOST=/host -e NAME=support-tools -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel8/support-tools:latest -v /run:/run -v /var/log:/var/log -v /etc/machine-id:/etc/machine-id -v /etc/localtime:/etc/localtime -v /:/host registry.redhat.io/rhel8/support-tools:latest
    bash-4.4#

    これにより、support-tools コンテナー内に bash シェルが開きます。ホストシステム (/host) に対してレポートツールまたはデバッグツールを実行できるようになりました。

  4. コンテナーからログアウトしてホストに戻るには、exit と入力します。

    # exit