4.16. 仮想化

ハードウェア暗号化デバイスを自動的にホットプラグできるようになりました。

以前は、仲介デバイスが開始される前に暗号化デバイスがホスト上に存在していた場合のみ、パススルー用の暗号化デバイスを定義できました。これで、仮想マシン (VM) にパススルーするすべての暗号化デバイスをリストする仲介デバイスマトリックスを定義できるようになりました。その結果、指定された暗号化デバイスは、後で使用可能になった場合、実行中の VM に自動的にパススルーされます。また、デバイスが使用できなくなると、デバイスは VM から削除されますが、ゲストオペレーティングシステムは正常に動作し続けます。

Bugzilla:1660908

IBM Z 上の PCI パススルーデバイスのパフォーマンスの向上

この更新では、I/O 処理に対する複数の改善により、IBM Z ハードウェアでの PCI パススルー実装が強化されました。その結果、IBM Z ホスト上の KVM 仮想マシン (VM) にパススルーされる PCI デバイスのパフォーマンスが大幅に向上しました。

さらに、ISM デバイスを IBM Z ホスト上の VM に割り当てることができるようになりました。

Bugzilla:1664379

RHEL 8 ゲストが SEV-SNP をサポートするようになりました。

RHEL 8 をゲストオペレーティングシステムとして使用する仮想マシン (VM) で、Secure Nested Paging (SNP) 機能を備えた AMD Secure Encrypted Virtualization (SEV) を使用できるようになりました。他の利点の中でも、SNP はメモリー整合性保護を改善することで SEV を強化します。これにより、データの再生やメモリーの再マッピングなどのハイパーバイザーベースの攻撃を防ぐことができます。SEV-SNP が RHEL 8 仮想マシンで機能するには、仮想マシンを実行しているホストも SEV-SNP をサポートしている必要があることに注意してください。

Bugzilla:2087262

zPCI デバイスの割り当て

IBM Z ハードウェア上で実行される RHEL でホストされる仮想マシン (VM) に、zPCI デバイスをパススルーデバイスとして接続できるようになりました。たとえば、これを使用すると、仮想マシンで NVMe フラッシュドライブを使用できます。

Jira:RHELPLAN-59528