4.9. 高可用性およびクラスター

新しい enable-authfile ブース設定オプション

クラスター設定でブースチケットマネージャーを使用するブース設定を作成する場合、pcs boost setup コマンドにより、新しい enable-authfile ブース設定オプションがデフォルトで有効になるようになりました。pcsboothenable-authfile コマンドを使用して、既存のクラスターでこのオプションを有効にできます。さらに、pcs status および pcs boost status コマンドは、enable-authfile の設定ミスの可能性を検出したときに警告を表示するようになりました。

Bugzilla:2132582

pcs はリソースおよび stonith エージェントの validate-all アクションを実行できるようになりました。

リソースまたは STONITH デバイスを作成または更新するときに、--agent-validation オプションを指定できるようになりました。このオプションを使用すると、pcs は、エージェントのメタデータに基づいて pcs によって実行される検証に加えて、エージェントの validate-all アクション (利用可能な場合) を使用します。

Bugzilla:1816852Bugzilla:2159455