11.11. 動的プログラミング言語、Web サーバー、およびデータベースサーバー

virtualenv ユーティリティーを使用すると Python 3.11 仮想環境の作成が失敗する

python3-virtualenv パッケージによって提供される RHEL 8 の virtualenv ユーティリティーは、Python 3.11 と互換性がありません。virtualenv を使用して仮想環境を作成しようとすると、次のエラーメッセージが表示されて失敗します。

$ virtualenv -p python3.11 venv3.11
Running virtualenv with interpreter /usr/bin/python3.11
ERROR: Virtual environments created by virtualenv < 20 are not compatible with Python 3.11.
ERROR: Use `python3.11 -m venv` instead.

Python 3.11 仮想環境を作成するには、代わりに python3.11 -m venv コマンドを使用します。このコマンドは、標準ライブラリーの venv モジュールを使用します。

Bugzilla:2165702

python3.11-lxmllxml.isoschematron サブモジュールを提供しない

python3.11-lxml パッケージは、オープンソースライセンスの下にないため、lxml.isoschematron サブモジュールなしで配布されます。サブモジュールは ISO Schematron サポートを実装します。代わりに、ISO-Schematron 前の検証を lxml.etree.Schematron クラスで利用できます。python3.11-lxml パッケージの残りのコンテンツは影響を受けません。

Bugzilla:2157673

MariaDB では PAM プラグインバージョン 1.0 が機能しない

MariaDB 10.3 は、PAM (Pluggable Authentication Modules) プラグインバージョン 1.0 を提供します。MariaDB 10.5 は、プラグインバージョン 1.0 および 2.0 を提供します。バージョン 2.0 がデフォルトです。

RHEL 8 では、MariaDB PAM プラグインバージョン 1.0 は機能しません。この問題を回避するには、mariadb:10.5 モジュールストリームによって提供される PAM プラグインバージョン 2.0 を使用します。

Bugzilla:1942330

OpenLDAP ライブラリー間のシンボルの競合により、httpd でクラッシュが発生することがある

OpenLDAP が提供する libldap ライブラリーと libldap_r ライブラリーの両方が、単一のプロセス内にロードされ、使用されると、これらのライブラリー間でシンボルの競合が発生する可能性があります。そのため、httpd 設定によって mod_security または mod_auth_openidc モジュールもロードされると、PHP ldap 拡張機能を使用する Apache httpd 子プロセスが突然終了する可能性があります。

Apache Portable Runtime (APR) ライブラリーに対する RHEL 8.3 の更新では、APR_DEEPBIND 環境変数を設定することでこの問題を回避できます。これにより、httpd モジュールのロード時に RTLD_DEEPBIND 動的リンカーオプションを使用できるようになります。APR_DEEPBIND 環境変数を有効にすると、競合するライブラリーをロードする httpd 設定でクラッシュが発生しなくなります。

Bugzilla:1819607

32 ビットアプリケーションで呼び出されると getpwnam() が失敗する場合がある

NIS のユーザーが getpwnam() 関数を呼び出す 32 ビットアプリケーションを使用する場合は、nss_nis.i686 パッケージがないと呼び出しに失敗します。この問題を回避するには、yum install nss_nis.i686 コマンドを使用して、不足しているパッケージを手動でインストールします。

Bugzilla:1803161