8.4. インフラストラクチャーサービス

拡張属性に正規表現を使用している場合に rsync が失敗しなくなりました。

以前は、ファイルを転送および同期するための rsync ユーティリティーが、RHEL 8 の拡張属性を正しく処理できませんでした。たとえば、拡張属性の --delete オプションと --filter '-x string.*' オプションを rsync コマンドに渡したときに、システム上のファイルが正規表現を満たしている場合、プロトコルの非互換性を示すエラーメッセージが表示されました。この更新により、rsync ユーティリティーが拡張属性を正しく処理し、この属性に正規表現を使用できるようになりました。

Bugzilla:2139118