4.8. ファイルシステムおよびストレージ

nfsrahead が RHEL 8 に追加されました

nfsrahead ツールの導入により、それを使用して NFS マウントの readahead 値を変更できるため、NFS 読み取りパフォーマンスに影響を与えることができます。

(BZ#1946283)

rpcctl コマンドが SunRPC 接続情報を表示するようになりました。

今回の更新で、rpcctl コマンドを使用して、システムの SunRPC オブジェクトに関する SunRPC sysfs ファイルで収集された情報を表示するようになりました。sysfs ファイルシステムを介して、SunRPC ネットワークレイヤーのオブジェクトを表示、削除、および設定できます。

(BZ#2087187)

multipath.conf は、DM Multipath でプロトコル固有の設定オーバーライドを含めることができるようになりました

さまざまなプロトコルを介してマルチパスデバイスのパスにアクセスできます。さまざまなプロトコルがさまざまな最適な設定を持つ可能性があるため、以前は、プロトコルごとのオプションを使用せずに Device Mapper Multipath 機能ですべてのプロトコルに最適な設定を設定することはできませんでした。この機能強化により、プロトコル固有の設定オーバーライドを multipath.conf ファイルに含めることができます。その結果、プロトコルごとにマルチパスデバイスパスを設定できるようになり、複数のプロトコルを介してアクセスできるマルチパスデバイスを正しく設定できるようになりました。

(BZ#2065477)

multipathd が、FPIN-Li イベントの検出をサポートするようになりました

marginal_pathgroups 設定オプションに新しい値 fpin を追加すると、multipathd を有効化して Link Integrity Fabric Performance Impact Notification (PFIN-Li) イベントを監視し、リンク整合性の問題があるパスをマージナルパスグループに移動します。fpin 値を設定すると、multipathd は既存のマージナルパス検出方法をオーバーライドし、ファイバーチャネルファブリックに依存してリンクの整合性の問題を特定します。

この機能強化により、multipathd メソッドは、PFIN-Li イベントを発行できるファイバーチャネルファブリック上のマージナルパスの検出においてより堅牢になります。

(BZ#2083077)