8.7. カーネル

CgroupV1 memory.swappiness を非推奨にする新しい機能により、一貫したスワップ動作が可能になります

CgroupV1 には、指定された cgroup のスワップ動作を制御する cgroup ごとの swappiness 値の memory.swappiness が含まれています。

ただし、systemd プロセスは cgroup 内で実行され、sysctl の swappiness 値は swap ヒューリスティックにほとんど影響しません。このような cgroup は sysctl または tuned 設定の値を無視し、システムで実行されているプロセスにはデフォルトの swappiness 値 60 が割り当てられます。その結果、メモリー負荷が高く、ページの再利用が行われる場合、割り当てられた swappiness 値よりも早い、またはより積極的なスワッピングが発生する可能性があります。

今回の更新では、新しい sysctl 変数 /proc/sys/vm/force_cgroupv2_swappiness が導入され、デフォルト値は 0 です。1 に設定すると、memory.swappiness 値は非推奨になり、すべての cgroup ごとの swappiness 値は、/proc/sys/vm/swappiness ファイル内のシステム全体の swappiness 値を反映します。その結果、cgroup のメモリースワッピング動作がより一貫したものになります。

(BZ#2084242)

暗号化されたデバイスのパスフレーズを入力した後に Anaconda が失敗しなくなりました

以前は、インストールの準備時に kdump が無効になっていて、ユーザーが暗号化されたディスクのパーティショニングを選択した場合、暗号化されたデバイスのパスフレーズを入力した後、Anaconda インストーラーがトレースバックで失敗していました。

今回の更新で問題が修正され、ユーザーは kdump を有効にして暗号化されたディスクパーティションを作成する必要がなくなりました。

(BZ#2086100)

v1 モードの net_prio または net_cls コントローラーが正しく動作するようになりました

以前は、cgroup-v2 環境では、v1 モードで net_prio または net_cls コントローラーのいずれかを使用すると、ソケットデータの階層追跡が無効になっていました。その結果、ソケットデータトラッキングコントローラーの cgroup-v2 階層がアクティブではなく、dmesg コマンドが次のメッセージを報告しました。

cgroup: cgroup: disabling cgroup2 socket matching due to net_prio or net_cls activation

この更新により、再起動後に cgroup-v2 が正しくアクティブになります。

(BZ#2046396)