Menu Close

8.2. ネットワーキング

KTLS がテクノロジープレビューとして利用可能に

RHEL は、テクノロジープレビューとして KTLS (Kernel Transport Layer Security) を提供します。KTLS は、AES-GCM 暗号化のカーネルで対称暗号化アルゴリズムまたは複号アルゴリズムを使用して TLS レコードを処理します。KTLS は、この機能に対応するネットワークインターフェースコントローラー (NIC) に TLS レコード暗号化をオフロードするインターフェースも提供します。

(BZ#1570255)

AF_XDP がテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

AF_XDP (Address Family eXpress Data Path) ソケットは、高性能パケット処理用に設計されています。さらに処理するために、XDP を取り入れ、プログラムにより選択されたパケットの効率的なリダイレクトをユーザー空間アプリケーションに付与します。

(BZ#1633143)

テクノロジープレビューとして利用できる XDP 機能

Red Hat は、以下の eXpress Data Path (XDP) 機能をサポート対象外のテクノロジープレビューとして提供します。

  • AMD および Intel 64 ビット以外のアーキテクチャーで XDP プログラムを読み込む。libxdp ライブラリーは、AMD および Intel 64 ビット以外のアーキテクチャーでは使用できません。
  • XDP ハードウェアオフロード。この機能を使用する前は、Unloading XDP programs fails on Netronome network cards that use the nfp driver参照してください。

(BZ#1889737)

TC のマルチプロトコルラベルスイッチがテクノロジープレビューとして利用可能に

Multi-protocol Label Switching (MPLS) は、エンタープライズネットワーク全体でトラフィックフローをルーティングするカーネル内データ転送メカニズムです。MPLS ネットワークでは、パケットを受信するルーターは、パケットに割り当てられたラベルに基づいて、パケットの追加のルートを決定します。ラベルを使用すると、MPLS ネットワークは特定の特性を持つパケットを処理する機能があります。たとえば、特定ポートから受信したパケットの管理や、特定のタイプのトラフィックを一貫した方法で伝送する tc filters を追加できます。

パケットがエンタープライズネットワークに入ると、MPLS ルーターは、パケット上で複数の操作を実行します。ラベルの追加には pushswap (ラベルの更新)、ラベルの削除の pop などが含まれます。MPLS では、RHEL の 1 つまたは複数のラベルに基づいて、アクションをローカルに定義できます。ルーターを設定し、トラフィック制御 (tc) フィルターを設定して、labeltraffic classbottom of stacktime to live などの MPLS ラベルスタックエントリー (lse) 要素に基づいて、パケットに対して適切なアクションを実行するように設定することができます。

たとえば、次のコマンドは、フィルターを enp0s1 ネットワークインターフェースに追加して、最初のラベル 12323 と 2 番目のラベル 45832 を持つ着信パケットと一致させます。一致するパケットでは、以下のアクションが実行されます。

  • 最初の MPLS TTL はデクリメントされます (TTL が 0 に達するとパケットがドロップされます)。
  • 最初の MPLS ラベルが 549386 に変更
  • 作成されるパケットは enp0s2 経由で送信されます。宛先 MAC アドレス 00:00:5E:00:53:01、およびソース MAC アドレス 00:00:5E:00:53:02

    # tc filter add dev enp0s1 ingress protocol mpls_uc flower mpls lse depth 1 label 12323 lse depth 2 label 45832 \
    action mpls dec_ttl pipe \
    action mpls modify label 549386 pipe \
    action pedit ex munge eth dst set 00:00:5E:00:53:01 pipe \
    action pedit ex munge eth src set 00:00:5E:00:53:02 pipe \
    action mirred egress redirect dev enp0s2

(BZ#1814836, BZ#1856415)

act_mpls モジュールがテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

act_mpls モジュールが、テクノロジープレビューとして kernel-modules-extra rpm で利用可能になりました。モジュールを使用すると、トラフィック制御 (TC) フィルターを使用した Multiprotocol Label Switching (MPLS) アクション (TC フィルターを使用した MPLS ラベルスタックエントリーの push や pop など) の適用が可能になります。また、このモジュールでは、Label、Traffic Class、Botem of Stack、および Time to Live フィールドを独立して設定できます。

(BZ#1839311)

systemd-resolved サービスがテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。

systemd-resolved サービスは、ローカルアプリケーションに名前解決を提供します。このサービスは、DNS スタブリゾルバー、LLMNR (Link-Local Multicast Name Resolution)、およびマルチキャスト DNS リゾルバーとレスポンダーのキャッシュと検証を実装します。

systemd パッケージが systemd-resolved を提供している場合でも、このサービスはサポートされていないテクノロジープレビューであることに注意してください。

(BZ#1906489)

nispor パッケージがテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

nispor パッケージがテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。これは、Linux ネットワーク状態クエリーの統合インターフェースです。これにより、Python および C api と rust crate を使用して、実行中のすべてのネットワークのステータスにクエリーを実行することができます。nispor は、nmstate ツールの依存関係として機能します。

nispor パッケージは、nmstate の依存関係、または個々のパッケージとしてインストールできます。

  • nispor を個別のパッケージとしてインストールするには、次のコマンドを実行します。

    # yum install nispor
  • nispornmstate の依存関係としてインストールするには、次のコマンドを実行します。

    # yum install nmstate

    nispor は依存関係として一覧表示されます。

nispor の使用の詳細は、/usr/share/doc/nispor/README.md ファイルを参照してください。

(BZ#1848817)