Menu Close

第10章 既知の問題

このパートでは Red Hat Enterprise Linux 8.5 の既知の問題を説明します。

10.1. インストーラーおよびイメージの作成

リポジトリーの更新が完了する前に CDN を使用した登録解除を試みると、GUI インストールが失敗することがあります。

RHEL 8.2 以降、システムを登録し、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用してサブスクリプションを割り当てると、GUI インストールプログラムにより、リポジトリーメタデータの更新が開始されます。更新プロセスは、登録およびサブスクリプションプロセスの一部ではないため、Red Hat への接続 ウィンドウで 登録解除 ボタンが有効になります。ネットワーク接続によっては、更新プロセスが完了するのに 1 分以上かかることがあります。更新プロセスが完了する前に 登録解除 ボタンをクリックすると、登録解除プロセスで、インストールプログラムが CDN との通信に必要とする証明書と CDN リポジトリーファイルが削除されるため、GUI インストールが失敗する可能性があります。

この問題を回避するには、Red Hat への接続 ウィンドウで 登録 ボタンをクリックした後に、GUI インストールで次の手順を実行します。

  1. Red Hat への接続 画面から 完了 をクリックして、インストールの概要 画面に戻ります。
  2. インストールの概要 ウィンドウで、インストールソース および ソフトウェアの選択 の斜体のステータスメッセージに処理情報が表示されていないことを確認します。
  3. インストールソースとソフトウェアの選択のカテゴリーが準備できたら、Red Hat への接続 をクリックします。
  4. 登録解除 ボタンをクリックします。

これらの手順を完了したら、GUI のインストール時にシステムの登録を安全に解除できます。

(BZ#1821192)

複数の組織に属するユーザーアカウントの登録に失敗していました

現在、複数の組織に属するユーザーアカウントでシステムを登録しようとすると、登録プロセスが失敗し、You must specifiy an organization for new units (新しいユニットの組織を指定する必要があります)。というメッセージが表示されます。

この問題を回避するには、以下のいずれかを行います。

  • 複数の組織に属さない別のユーザーアカウントを使用します。
  • GUI および Kickstart インストールの Connect to Red Hat 機能で利用できる アクティベーションキー 認証方法を使用します。
  • Connect to Red Hat の登録手順を省略し、Subscription Manager を使用してインストール後にシステムを登録します。

(BZ#1822880)

USB CD-ROM ドライブが Anaconda のインストールソースとして利用できない

USB CD-ROM ドライブがソースで、キックスタート ignoredisk --only-use= コマンドを指定すると、インストールに失敗します。この場合、Anaconda はこのソースディスクを見つけ、使用できません。

この問題を回避するには、harddrive --partition=sdX --dir=/ コマンドを使用して USB CD-ROM ドライブからインストールします。その結果、インストールは失敗しなくなりました。

(BZ#1914955)

キックスタートコマンドの auth および authconfig で AppStream リポジトリーが必要になる

インストール中に、キックスタートコマンドの auth および authconfigauthselect-compat パッケージが必要になります。auth または authconfig を使用したときに、このパッケージがないとインストールに失敗します。ただし、設計上、 authselect-compat パッケージは AppStream リポジトリーでしか利用できません。

この問題を回避するには、BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーがインストーラーで利用できることを確認するか、インストール中にキックスタートコマンドの authselect コマンドを使用します。

(BZ#1640697)

reboot --kexec コマンドおよび inst.kexec コマンドが、予測可能なシステム状態を提供しない

キックスタートコマンド reboot --kexec またはカーネル起動パラメーター inst.kexec で RHEL インストールを実行しても、システムの状態が完全な再起動と同じになるわけではありません。これにより、システムを再起動せずにインストール済みのシステムに切り替えると、予期しない結果が発生することがあります。

kexec 機能は非推奨になり、Red Hat Enterprise Linux の今後のリリースで削除されることに注意してください。

(BZ#1697896)

インストールプログラムでは、ネットワークアクセスがデフォルトで有効になっていません。

一部のインストール機能、たとえば、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用したシステムの登録、NTP サーバーサポート、およびネットワークインストールソースなどには、ネットワークアクセスが必要です。ただし、ネットワークアクセスはデフォルトでは有効になっていません。そのためこの機能は、ネットワークアクセスが有効になるまで使用できません。

この問題を回避するには、インストールの開始時にネットワークアクセスを有効にする起動オプション ip=dhcp を追加します。オプションで、起動オプションを使用して、ネットワーク上にあるキックスタートファイルまたはリポジトリーを渡しても、問題が解決されます。結果として、ネットワークベースのインストール機能を使用できます。

(BZ#1757877)

iso9660 ファイルシステムで、ハードドライブがパーティション分割されたインストールが失敗する

ハードドライブが iso9660 ファイルシステムでパーティションが設定されているシステムには、RHEL をインストールできません。これは、iso9660 ファイルシステムパーティションを含むハードディスクを無視するように設定されている、更新されたインストールコードが原因です。これは、RHEL が DVD を使用せずにインストールされている場合でも発生します。

この問題を回避するには、インストールの開始前に、キックスタートファイルに次のスクリプトを追加して、ディスクをフォーマットします。

メモ: 回避策を実行する前に、ディスクで利用可能なデータのバックアップを作成します。wipefs は、ディスク内の全データをフォーマットします。

%pre
wipefs -a /dev/sda
%end

その結果、インストールでエラーが発生することなく、想定どおりに機能します。

(BZ#1929105)

HASH MMU モードの IBM 電源システムが、メモリー割り当ての障害で起動できない

HASH メモリー割り当てユニット (MMU) モードの IBM Power Systems は、最大 192 コアの kdump に対応します。そのため、kdump が 192 コア以上で有効になっていると、メモリー割り当て失敗が原因でシステムの起動が失敗します。この制限は、HASH MMU モードの起動初期段階での RMA メモリーの割り当てによるものです。この問題を回避するには、kdump を使用する代わりに、fadump を有効にしたRadix MMU モードを使用します。

(BZ#2028361)

Blueprint とキックスタートファイルの両方で同じユーザー名を追加すると、Edge イメージのインストールが失敗します。

RHEL for Edge イメージをインストールするには、rhel-edge-container イメージを構築する Blueprint を作成し、RHEL for Edge イメージをインストールするようにキックスタートファイルを作成する必要があります。ユーザーが Blueprint とキックスタートファイルの両方で同じユーザー名、パスワード、および SSH キーを追加すると、RHEL for Edge イメージのインストールに失敗します。現在、回避策はありません。

(BZ#1951964)

新しい osbuild-composer バックエンドが、アップグレード時に lorax-composer から Blueprint 状態に複製されない。

lorax-composer バックエンドから新しい osbuild-composer バックエンドにアップグレードする Image Builder ユーザーは、Blueprint が消えてしまう可能性があります。その結果、アップグレードが完了すると、Blueprint が自動的に表示されなくなります。この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

前提条件

  • composer-cli CLI ユーティリティーがインストールされている。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、以前の lorax-composer ベースの Blueprint を新しい osbuild-composer バックエンドに読み込みます。

    $ for blueprint in $(find /var/lib/lorax/composer/blueprints/git/workspace/master -name '*.toml'); do composer-cli blueprints push "${blueprint}"; done

これにより、osbuild-composer バックエンドで同じ Blueprint が利用できるようになりました。

関連情報

(BZ#1897383)