Menu Close

10.16. 仮想化

PowerVM での IBMVFC デバイスのホットアンプラグに失敗する

PowerVM ハイパーバイザー上の RHEL 8 ゲストオペレーティングシステムで仮想マシン (VM) を使用する場合は、実行中の仮想マシンから IBM Power Virtual Fibre Channel (IBMVFC) デバイスを削除しようとすると失敗します。代わりに、outstanding translation エラーが表示されます。

この問題を回避するには、仮想マシンのシャットダウン時に IBMVFC デバイスを削除します。

(BZ#1959020)

ibmvfc ドライバーを使用すると、IBM POWER ホストがクラッシュする可能性がある

PowerVM 論理パーティション (LPAR) で RHEL 8 を KVM 仮想化ホストとして実行する場合、ibmvfc ドライバーの問題が原因で、現在さまざまなエラーが発生する可能性があります。結果として、ホストのカーネルは、以下のような特定の状況下でパニックになる可能性があります。

  • Live Partition Mobility (LPM) 機能の使用
  • ホストアダプターのリセット
  • SCSI エラー処理機能 (SCSI EH) 機能の使用

(BZ#1961722)

IBM POWER Systems で perf kvm レコード を使用すると、仮想マシンがクラッシュする可能性があります。

IBM POWER ハードウェアのリトルエンディアンバリアントで RHEL 8 ホストを使用する場合は、perf kvm record コマンドを使用して KVM 仮想マシンのイベントサンプルを収集すると、仮想マシンが応答しなくなることがあります。この状況は、以下の場合に発生します。

  • perf ユーティリティーは権限のないユーザーによって使用され、-p オプションは仮想マシンを識別するために使用されます (perf kvm record -e trace_cycles -p 12345)。
  • 仮想マシンが virsh シェルを使用して起動している。

この問題を回避するには、perf kvm ユーティリティーに -i オプションを指定して、virsh シェルを使用して作成した仮想マシンを監視します。以下に例を示します。

# perf kvm record -e trace_imc/trace_cycles/  -p <guest pid> -i

-i オプションを使用する場合、子タスクはカウンターを継承しないため、スレッドは監視されないことに注意してください。

(BZ#1924016)

virtio-blk を使用して仮想マシンに LUN デバイスを割り当てると機能しません。

q35 マシンタイプは、移行用の virtio 1.0 デバイスをサポートしないため、RHEL 8 では virtio 1.0 で非推奨となった機能はサポートされません。特に、RHEL 8 ホストで virtio-blk デバイスから SCSI コマンドを送信することはできません。したがって、virtio-blk コントローラーを使用する場合は、物理ディスクを LUN デバイスとして仮想マシンに割り当てると失敗します。

物理ディスクをゲストオペレーティングシステムを通して渡すことは引き続き可能ですが、device='lun' オプションではなく、device='disk' オプションで設定する必要があることに留意してください。

(BZ#1777138)

iommu_platform=on が IBM POWER で起動に失敗する

RHEL 8 は現在、IBM POWER システムの仮想マシン用の iommu_platform=on パラメーターに対応していません。これにより、IBM POWER ハードウェアでこのパラメーターを使用して仮想マシンを起動すると、仮想マシンがシステムの起動プロセス時に応答しなくなります。

(BZ#1910848)

特定の CPU モデルの使用時に Hyper-V を有効化した Windows Server 2016 仮想マシンが起動に失敗する

現在、Windows Server 2016 をゲストオペレーティングシステムとして使用し、Hyper-V ロールが有効になっていて、以下の CPU モデルのいずれかを使用する仮想マシンを起動できません。

  • EPYC-IBPB
  • EPYC

この問題を回避するには、EPYC-v3 CPU モデルを使用するか、仮想マシンの xsaves CPU フラグを手動で有効にします。

(BZ#1942888)

RHEL 7-ALT ホストから RHEL 8 への POWER9 ゲストの移行に失敗する

現在のリリースでは、RHEL 7-ALT ホストシステムから RHEL 8 に POWER9 仮想マシンを移行すると、Migration status: active のステータスで応答がなくなります。

この問題を回避するには、RHEL 7-ALT ホストで Transparent Huge Pages (THP) を無効にすることで、移行が正常に完了します。

(BZ#1741436)

virt-customize を使用すると、guestfs-firstboot が失敗することがあります。

virt-customize ユーティリティーを使用して仮想マシン (VM) ディスクイメージを変更すると、SELinux パーミッションが正しくないために guestfs-firstboot サービスが失敗します。これにより、ユーザーの作成やシステム登録の失敗など、仮想マシンの起動時にさまざまな問題が発生します。

この問題を回避するには、virt-customize でディスクイメージを変更した後に、仮想マシンのカーネルコマンドラインに --selinux-relabel を追加します。

(BZ#1554735)

macvtap 仮想ネットワークから正引きインターフェースを削除すると、このネットワークの接続数がすべてリセットされます。

現在、複数のフォワードインターフェースを持つ macvtap 仮想ネットワークからフォワードインターフェースを削除すると、ネットワークの他のフォワードインターフェースの接続ステータスもリセットされます。したがって、ライブネットワーク XMLの接続情報が正しくありません。ただし、これは仮想ネットワークの機能に影響を与えるわけではないことに注意してください。この問題を回避するには、ホストで libvirtd サービスを再起動します。

(BZ#1332758)

SLOF が指定された仮想マシンは netcat インターフェースでの起動に失敗する

netcat(nc)インターフェースを使用して、現在 Slimline Open Firmware(SLOF)プロンプトで待機中の仮想マシンのコンソールにアクセスすると、ユーザー入力は無視され、仮想マシンが応答しないままとなります。この問題を回避するには、仮想マシンに接続する場合は nc -C オプションを使用するか、代わりに telnet インターフェースを使用します。

(BZ#1974622)

RHEL 8 ゲストで特定の状況で virtiofs ディレクトリーのマウントに失敗する

現在、virtiofs 機能を使用して仮想マシンにホストディレクトリーを提供する場合は、仮想マシンが RHEL 8.4 カーネルを使用しているにもかかわらず、RHEL 8.5 selinux-policy パッケージを使用している場合は、Operation not supportedエラーで、仮想マシンへのディレクトリーのマウントに失敗します。

この問題を回避するには、ゲストを再起動して、ゲストで利用可能な最新のカーネルで起動します。

(BZ#1995558)

多数の virtio-blk ディスクを使用すると、仮想マシンが起動しないことがあります。

多数の virtio-blk デバイスを仮想マシンに追加すると、プラットフォームで利用可能な割り込みベクトルの数が使い切られる可能性があります。これが発生すると、仮想マシンのゲスト OS は起動できず、dracut-initqueue[392]: Warning: Could not boot エラーが表示されます。

(BZ#1719687)

AMD EPYC でホストパススルーモードを使用する際に、SMT CPU トポロジーが仮想マシンで検出されません。

AMD EPYC ホストで行われた CPU ホストパススルーモードで仮想マシンを起動すると、TOPOEXT 機能フラグは存在しません。したがって、仮想マシンは、コアごとに複数のスレッドを持つ仮想 CPU トポロジーを検出できません。この問題を回避するには、ホストパススルーの代わりに EPYC CPU モデルを使用して仮想マシンを起動します。

(BZ#1740002)