Menu Close

10.4. シェルおよびコマンドラインツール

coreutils は、誤解を招く EPERM エラーコードを報告することがあります。

statx() システムコールを使用して、GNU コアユーティリティー (coreutils) が起動しました。seccomp フィルターが、不明なシステムコールに対して EPERM エラーコードを返す場合、EPERM は動作中の statx()の syscall が返す実際の Operation not permitted エラーと区別できないため、coreutils は、誤解を招く EPERM エラーコードを報告します。

この問題を回避するには、seccomp フィルターを更新して、statx() の syscall を許可するか、不明の syscall の ENOSYS エラーコードを返すようにします。

(BZ#2030661)