Menu Close

10.5. インフラストラクチャーサービス

FIPS モードの Postfix TLS フィンガープリントアルゴリズムを SHA-256 に変更する必要があります。

RHEL 8 のデフォルトでは、postfix は後方互換性に TLS を使用する MD5 フィンガープリントを使用します。ただし、FIPS モードでは、MD5 ハッシュ関数が利用できないため、デフォルトの postfix 設定で TLS が誤って機能する可能性があります。この問題を回避するには、postfix 設定ファイルのハッシュ関数を SHA-256 に変更する必要があります。

詳細は、関連するナレッジベースの記事 Fix postfix TLS in the FIPS mode by switch to SHA-256 instead of the MD5 を参照してください。

(BZ#1711885)

brlttyパッケージはmultilib対応ではない

brlttyパッケージの32ビット版と64ビット版の両方をインストールすることはできません。32ビット版(brltty.i686)または64ビット版(brltty.x86_64)いずれかのパッケージをインストールすることができます。64ビット版を推奨します。

(BZ#2008197)