Menu Close

10.10. ファイルシステムおよびストレージ

LVM writecache の制限

writecache LVM キャッシュメソッドには以下の制限がありますが、cache メソッドには存在しません。

  • pvmove コマンドを使用すると、writecache 論理ボリュームに名前を付けることはできません。
  • writecache を指定した論理ボリュームは、シンプールまたは VDO と組み合わせて使用できません。

以下の制限は、cache メソッドにも適用されます。

  • cache または writecache がアタッチされている間は、論理ボリュームのサイズを変更することはできません。

(JIRA:RHELPLAN-27987, BZ#1798631, BZ#1808012)

LUKS ボリュームを格納する LVM mirror デバイスが応答しなくなることがあります。

セグメントタイプが mirror のミラーリング LVM デバイスで LUKS ボリュームを格納すると、特定の条件下で応答しなくなる可能性があります。デバイスが応答しなくなると、すべての I/O 操作を拒否します。

耐障害性のソフトウェア定義ストレージに、LUKS ボリュームをスタックする必要がある場合に、この問題を回避するには、Red Hat は セグメントタイプが mirror ではなく raid1 の LVM RAID 1 デバイスを使用することを推奨します。

raid1 のセグメントタイプは、デフォルトの RAID 設定タイプで、mirror の代わりに、推奨のソリューションとしてこのタイプが使用されます。

mirror デバイスを raid に変換するには、ミラーリングされた LVM デバイスの RAID1 デバイスへの変換を参照してください。

(BZ#1730502)

/boot ファイルシステムを LVM に配置することができません。

/boot ファイルシステムを LVM 論理ボリュームに配置することはできません。この制限は、以下の理由により存在します。

  • EFI システムでは、EFI システムパーティション が従来の /boot ファイルシステムとして機能します。uEFI 標準では、特定の GPT パーティションタイプと、このパーティションの特定のファイルシステムタイプが必要です。
  • RHEL 8 は、システムブートエントリーに Boot Loader Specification (BLS) を使用します。この仕様では、プラットフォームのファームウェアが /boot ファイルシステムを読み込める必要があります。EFI システムでは、プラットフォームファームウェアは uEFI 標準で定義された /boot 設定のみを読み取ることができます。
  • GRUB 2 ブートローダーでの LVM 論理ボリュームに対するサポートは完全ではありません。Red Hat は、uEFI や BLS などの標準があるので、この機能のユースケース数が減少しているため、サポートを改善する予定はありません。

Red Hat では、LVM での /boot のサポートを提供する予定はありません。代わりに、Red Hat は、/boot ファイルシステムを LVM 論理ボリュームに配置する必要がないシステムスナップショットおよびロールバックを管理するツールを提供します。

(BZ#1496229)

LVM で、複数のブロックサイズを持つボリュームグループが作成できません。

vgcreate または vgextend などの LVM ユーティリティーでは、物理ボリューム (PV) の論理ブロックサイズが異なるボリュームグループ (VG) を作成できなくなりました。別のブロックサイズの PV で基礎となる論理ボリューム (LV) を拡張するとファイルシステムがマウントに失敗するため、LVM はこの変更を採用しました。

ブロックサイズが混在する VG の作成を再度有効にするには、lvm.conf ファイルの allow_mixed_block_sizes=1 オプションを設定します。

(BZ#1768536)

GRUB が、ブート時の初回の失敗後にディスクへのアクセスを再試行する

ストレージエリアネットワーク(SAN)が open および read のディスク呼び出しを確認しない場合があります。以前は、GRUB ツールが grub_rescue プロンプトに切り替わり起動に失敗していました。今回の更新で、ディスク open および read の初回呼び出しが失敗した後、GRUB は最大 20 回ディスクへのアクセスを再試行します。これらの試行後に GRUB ツールがまだディスクの open または read ができない場合は、grub_rescue モードに切り替わります。

(BZ#1987087)