Menu Close

4.17. 仮想化

Web コンソールでの仮想マシンの管理の強化

RHEL 8 Webコンソールの仮想マシン(VM)セクションのデザインが変更され、より使いやすくなりました。また、以下のような変更や機能も導入されています。

  • 仮想マシンのステータス、ディスク、ネットワーク、コンソール情報など、関連するすべての仮想マシン情報が1つのページに表示されるようになりました。
  • Webコンソールを使って仮想マシンのライブマイグレーションを実施できるようになりました。
  • Webコンソールで、仮想マシンのネットワークインターフェイスのMACアドレスを編集できるようになりました。
  • Webコンソールを使って、仮想マシンに接続されているホストデバイスの一覧を表示することができます

(JIRA:RHELPLAN-79074)

zPCI デバイスの割り当て

zPCI デバイスは、IBM Z ハードウェアで実行している RHEL 8 にホストされている仮想マシンに、仲介デバイスとして接続できるようになりました。たとえば、これを使用すると、仮想マシンで NVMe フラッシュドライブを使用できます。

(JIRA:RHELPLAN-59528)