Menu Close

4.3. ソフトウェア管理

RPM に sqlite データベースバックエンドに対する読み取り専用サポートが追加されました。

sqlite に基づくRPM データベースをクエリーする機能は、コンテナーなどの他のルートディレクトリーを検査する際に必要になることがあります。この更新により、RPM sqlite データベースバックエンドに対して読み取り専用サポートが追加されます。これにより、ホストのRHEL 8 から、UBI 9 または Fedora コンテナーにインストールされているパッケージをクエリーできるようになりました。Podman でこれを行うには、以下を実行します。

  1. podman mount コマンドを使用して、コンテナーのファイルシステムをマウントします。
  2. マウントされた場所をポイントする --root オプションを指定して、rpm -qa コマンドを実行します。

RHEL 8 の RPM は、引き続き BerkeleyDB データベース(bdb)バックエンドを使用することに注意してください。

(BZ#1938928)

libmodulemd がバージョン 2.12.1 にリベースされました。

libmodulemd パッケージがバージョン 2.12.1 にリベースされました。以下は、主な変更点です。

  • modulemd-obsoletes ドキュメントタイプのバージョン 1 のサポートを追加。これにより、別のストリームを廃止するストリームや、ライフサイクル終了に到達したストリームに関する情報が提供されます。
  • モジュールビルドシステムのモジュールストリームコンテンツのパッケージャーの説明を提供する modulemd-packager ドキュメントタイプのバージョン 3 のサポートを追加
  • バージョン 2 の modulemd ドキュメントタイプの static_context 属性のサポートを追加。そのため、モジュールコンテキストはモジュールビルドシステムで生成されるのではなく、パッケージャーによって定義されるようになりました。
  • モジュールストリーム値は、常に引用符で囲まれた文字列としてシリアライズされるようになりました。

(BZ#1894573)

libmodulemd がバージョン 2.13.0 にリベースされました。

libmodulemd パッケージがバージョン 2.13.0 にリベースされ、以前のバージョンに対する主な変更点が加えられています。

  • モジュールからモジュール化解除されたパッケージをリストから除外するサポートを追加
  • modulemd-validator ツールの新しい --type オプションを使用して、modulemd-packager- v3 ドキュメントを検証するためのサポートを追加。
  • 整数値を解析する機能強化
  • 各種の modulemd-validator の問題を修正

(BZ#1984402)

sslverifystatusdnf 設定に追加されました

今回の更新により、sslverifystatus オプションを有効にすると、dnfCertificate Status RequestTLS拡張(OCSP stapling)を使用して各サーバー証明書の失効ステータスを確認します。これにより、取り消された証明書が発生すると、dnf はそのサーバーからダウンロードを拒否します。

(BZ#1814383)