Menu Close

4.4. シェルおよびコマンドラインツール

ReaRはバージョン2.6にアップデートされました。

ReaR(Relax-and-Recover)がバージョン 2.6 に更新されました。主なバグ修正と機能強化は、以下のとおりです。

  • eMMC デバイスのサポートを追加
  • デフォルトでは、すべてのカーネルモジュールはレスキューシステムに含まれます。特定のモジュールを含めるには、設定ファイルに MODULES アレイ変数を MODULES=(mod1 mod2)に設定します。
  • AMDおよびIntelの64ビットアーキテクチャ、IBM Power Systems、Little Endianでは、ブートローダのインストール場所を制御するために、新しい設定変数GRUB2_INSTALL_DEVICESが導入されています。詳細は、/usr/share/rear/conf/default.conf の説明を参照してください。
  • マルチパスデバイスのバックアップが改善
  • /media/run/mnt/tmp のディレクトリーにはリムーバブルメディアまたは一時ファイルが含まれることが認識されるため、これらのディレクトリー配下のファイルは、自動的にバックアップから除外されます。/usr/share/rear/conf/default.conf の AUTOEXCLUDE_PATH 変数の説明を参照してください。
  • CLONE_ALL_USERS_GROUPS=true がデフォルトになりました。詳細は、/usr/share/rear/conf/default.conf の説明を参照してください。

(BZ#1988493)

modulemd-tools パッケージが利用できるようになりました。

今回の更新で、modulemd-tools パッケージが導入され、modulemd YAML ファイルを解析および生成するためのツールを提供するようになりました。

modulemd-tools をインストールするには、以下を使用します。

# yum install modulemd-tools

(BZ#1924850)

opencryptoki がバージョン 3.16.0 にリベースされました。

opencryptoki がバージョン 3.16.0 にアップグレードされました。主なバグ修正と機能強化は、以下のとおりです。

  • EP11 コアプロセッサーで、protected-key オプションとattribute-bound keys のサポートを強化。
  • cycle-count-accurate (CCA)プロセッサーでセキュアな鍵オブジェクトのインポートおよびエクスポートを強化。

(BZ#1919223)

lsvpd がバージョン 1.7.12 にリベースされました。

lsvpd がバージョン 1.7.12 にアップグレードされました。主なバグ修正と機能強化は、以下のとおりです。

  • sysvpd の UUID プロパティーが追加されました。
  • NVMe ファームウェアバージョンが改善されました。
  • PCI デバイスメーカー解析ロジックを修正
  • lsvpd 設定ファイルにrecommends clause を追加

(BZ#1844428)

ppc64-diag がバージョン 2.7.7 にリベースされました。

ppc64-diag がバージョン 2.7.7 にアップグレードされました。主なバグ修正と機能強化は、以下のとおりです。

  • ユニットテストケースが改善されました。
  • sysvpd の UUID プロパティーが追加されました。
  • rtas_errd サービスは、Linux コンテナーでは実行されません。
  • 廃止されたロギングオプションは、systemd サービスファイルでは利用できなくなりました。

(BZ#1779206)

ipmi_poweripmi_bootモジュールが、redhat.rhel_mgmtCollection で利用可能です

このアップデートにより、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) Ansibleモジュールがサポートされます。IPMIは、ベースボード管理コントローラー(BMC)デバイスと通信するための一連の管理インターフェースの仕様です。IPMIモジュールであるipmi_poweripmi_bootは、redhat.rhel_mgmtCollectionに含まれており、ansible-collection-redhat-rhel_mgmtパッケージをインストールすることで入手できます。

(BZ#1843859)

udftools 2.3 が RHEL に追加されました。

udftools パッケージは、Universal Disk Format(UDF)ファイルシステムを操作するユーザー空間ユーティリティーを提供します。今回の機能拡張により、udftools は以下のツールセットを提供します。

  • cdrwtool - 空白、フォーマット、クイック設定、およびDVD-R/CD-R/CD-RW メディアに書き込むなどのアクションを実行します。
  • mkfs.udfmkudffs - Universal Disk Format(UDF)ファイルシステムを作成します。
  • pktsetup - パケットデバイスを設定し、破棄します。
  • udfinfo - Universal Disk Format(UDF)ファイルシステムに関する情報を表示します。
  • udflabel - Universal Disk Format(UDF)ファイルシステムラベルを表示または変更します。
  • wrudf - 既存の Universal Disk Format(UDF)ファイルシステムで、cprmmkdirrmdirls、および cd 操作でインタラクティブシェルを提供します。

(BZ#1882531)

RHEL 8.5 に Tesseract 4.1.1 が追加されました。

Tesseract はオープンソースの OCR(optical character reading)エンジンで、以下の機能があります。

  • tesseract バージョン 4 以降では、文字認識は Long Short-Term Memory(LSTM)ニューラルネットワークに基づいています。
  • UTF-8 をサポートします。
  • プレーンテキスト、hOCR(HTML)、PDF、およびTSV 出力形式をサポートします。

(BZ#1826085)

シンプールを使用する LVM を復元する際のエラーは発生しません。

今回の機能拡張により、ReaR は、カーネルメタデータを持つシンプールおよびその他の論理ボリュームタイプ(RAID やキャッシュなど)がボリュームグループ(VG)で使用されるかどうかを検出し、lvcreate コマンドを使用してVGのすべての論理ボリューム(LV)を再作成するモードに切り替わるようになりました。したがって、シンプールを使用する LVM はエラーなしで復元されます。

注記

この新しいメソッドは、LVM UUID などの LV プロパティーをすべて保持しません。再作成されたストレージレイアウトが要件と一致するかどうかを判断するために、実稼働環境で ReaR を使用する前に、バックアップからの復元をテストする必要があります。

(BZ#1747468)

Net-SNMP が RSA および ECC 証明書を検出するようになりました。

以前は、Net-Simple Network Management Protocol(Net-SNMP)は Rivest、Shamir、Adleman(RSA)証明書のみを検出しました。今回の機能拡張により、ECC(Elliptic Curve Cryptography)がサポートされるようになりました。その結果、Net-SNMP が RSA および ECC 証明書を検出するようになりました。

(BZ#1919714)

FCoE オプションが rd.fcoe に変更

以前は、dracut.cmdlineのman ページでFCoE(Fibre Channel over Ethernet)をオフにするコマンドとして rd.nofcoe=0 が記載されていました。

今回の更新で、コマンドは rd.fcoe に変更されました。FCoE を無効にするには、rd.fcoe=0 コマンドを実行します。

FCoE の詳細はConfiguring Fibre Channel over Ethernetを参照してください。

(BZ#1929201)