Menu Close

9.3. シェルおよびコマンドラインツール

OpenEXR コンポーネントが非推奨になりました。

OpenEXR コンポーネントが非推奨になりました。そのため、EXR イメージ形式のサポートは imagecodecs モジュールから削除されました。

(BZ#1886310)

dump からの dump ユーティリティーが非推奨になりました。

ファイルシステムのバックアップに使用される dump ユーティリティーが非推奨になり、RHEL 9 では使用できなくなります。

RHEL 9 では、使用方法に基づいて、baculatar、または dd のバックアップユーティリティーを使用することが推奨されています。これにより、ext2、ext3、および ext4 のファイルシステムで完全で安全なバックアップが提供されます。

dump パッケージの restore ユーティリティーは、RHEL 9 で引き続き利用可能で、サポートされており、restore パッケージとして利用できます。

(BZ#1997366)

hidepid=n マウントオプションが、RHEL 8 systemd で未サポート

マウントオプションの hidepid=n は、/proc/[pid] ディレクトリーの情報にアクセスできるユーザーを制御しますが、RHEL 8 で提供されている systemd インフラストラクチャーと互換性がありません。

また、このオプションを使用すると、systemd が起動する特定のサービスで SELinux の AVC 拒否メッセージが生成され、その他の操作が完了しないようにする場合があります。

詳細は、関連 RHEL7 および RHEL8 では、/proc を「hidepid=2」でマウントすることが推奨されますか? を参照してください。

(BZ#2038929)