Menu Close

7.11. クラウド環境の RHEL

nm-cloud-setup ユーティリティーが Microsoft Azure に正しいデフォルトルートを設定する

以前のリリースでは、Microsoft Azure では、nm-cloud-setup ユーティリティーがクラウド環境の正しいゲートウェイを検出できませんでした。これにより、ユーティリティーは誤ったデフォルトルートを設定し、接続に失敗していました。今回の更新でこの問題が修正されています。その結果、nm-cloud-setup ユーティリティーが Microsoft Azure に正しいデフォルトルートを設定するようになりました。

(BZ#1912236)

SSH 鍵が、バックアップ AMI から作成された EC2 インスタンスで正しく生成されるようになりました。

以前のリリースでは、バックアップ Amazon Machine Image (AMI) から RHEL 8 の新しい Amazon EC2 インスタンスを作成する場合、cloud-init は仮想マシン上の既存の SSH キーを削除しましたが、新しい SSH キーは作成しませんでした。したがって、仮想マシンがホストに接続できない場合がありました。

この問題は、新たに作成された RHEL 8.5 仮想マシンに対して修正されました。RHEL 8.4 以前からアップグレードした仮想マシンの場合、この問題は手動で回避する必要があります。

これを行うには、cloud.cfg ファイルを編集し、ssh_genkeytypes: ~ 行を ssh_genkeytypes: ['rsa', 'ecdsa', 'ed25519'] に変更します。これにより、上記の状況で RHEL 8 仮想マシンをプロビジョニングする際に、SSH キーを削除して正しく生成できるようになります。

(BZ#1957532)

AWS ARM64 インスタンスで実行している RHEL 8 が、指定されたネットワーク速度に到達できるようになりました。

Amazon Web Services (AWS) ARM64 インスタンスで実行される仮想マシンで RHEL 8 をゲストオペレーティングシステムとして使用する場合は、iommu.strict=1 カーネルパラメーターが使用されたとき、または、iommu.strict カーネルパラメーターが定義されなかったとき、これまで仮想マシンのネットワークパフォーマンスは予想されるよりも低くなりました。

この問題は、Red Hat が提供する RHEL 8.5 Amazon Machine Images (AMI) では発生しなくなりました。別のタイプのイメージでは、パラメーターを iommu.strict=0 に変更することで問題を回避できます。これには以下が含まれます。

  • RHEL 8.4 以前のイメージ
  • yum updateを使用して以前のバージョンからアップグレードした RHEL 8.5 イメージ
  • Red Hat 以外の RHEL 8.5 イメージ

(BZ#1836058)

RHEL 8の仮想マシンをAzure上のリモートマシンにコアダンプする操作が、より確実に動作するようになりました。

以前のリリースでは、kdump ユーティリティーを使用した、Microsoft Azure ハイパーバイザー上の RHEL 8 仮想マシンのコアダンプファイルのリモートマシンへの保存は、仮想マシンがネットワークアクセラレーションを有効化して NIC を使用している場合は適切に動作しませんでした。これにより、ダンプファイルは即座にではなく、約 200 秒後に保存されました。さらに、ダンプファイルを保存する前に、以下のエラーメッセージがコンソールに記録されました。

device (eth0): linklocal6: DAD failed for an EUI-64 address

今回の更新で、基礎となるコードが修正されたため、上記の状況では、ダンプファイルがすぐに保存されるようになりました。

(BZ#1854037)

FIPS モードが有効になると、RHEL 8 ゲストの休止状態が正しく機能するようになりました。

仮想マシンが FIPS モードを使用している場合は、RHEL 8 をゲストオペレーティングシステムとして使用していた仮想マシンを休止状態にすることはできませんでした。基本となるコードが修正され、影響を受ける仮想マシンが正しく休止状態にできるようになりました。

(BZ#1934033, BZ#1944636)