Menu Close

7.8. コンパイラーおよび開発ツール

GCC Toolset 11: GCC 11 が DWARF 4 にデフォルト設定

アップストリームの GCC 11 は、デフォルトで DWARF 5 デバッグ形式を使用していますが、GCC Toolset 11 の GCC は、RHEL 8 コンポーネント(rpmbuild など)との互換性を維持するために DWARF 4 にデフォルト設定されます。

(BZ#1974402)

パラメーターフレームワークが GLIBC_TUNABLES を正しく解析するようになりました。

以前のバージョンでは、パラメーターフレームワークは、setuid プログラムのsetuid が設定されていない子オブジェクトについて GLIBC_TUNABLES 環境変数を正しく解析しませんでした。そのため、setuid プログラムのsetuid が設定されていない子オブジェクトでは、すべてのパラメーターが残ることがありました。今回の更新で、GLIBC_TUNABLES 環境変数のパラメーターが正しく解析されるようになりました。その結果、特定されたパラメーターの制限されたサブセットのみが、setuid プログラムのsetuid が設定されていない子オブジェクトによって継承されるようになりました。

(BZ#1934155)

glibcsemctl システムコールラッパーがSEM_STAT_ANYSEM_STAT のように処理するようになりました。

以前は、glibcsemctl システムコールラッパーは、カーネル引数SEM_STAT_ANYSEM_STATのように処理していませんでした。そのため、glibc は結果オブジェクトのstruct semid_dsのアドレスをカーネルに渡さなかったため、カーネルが更新に失敗していました。今回の更新で、glibcSEM_STAT_ANYSEM_STAT のように処理し、その結果、アプリケーションは SEM_STAT_ANY を使用して struct semid_ds データを取得できるようになりました。

(BZ#1912670)

glibcIPPROTO_ETHERNETIPPROTO_MPTCP、および INADDR_ALLSNOOPERS_GROUP の定義が含まれるようになりました。

以前は、Glibc システムライブラリーヘッダー(/usr/include/netinet/in.h)には IPPROTO_ETHERNETIPPROTO_MPTCP、および INADDR_ALLSNOOPERS_GROUP の定義が含まれていませんでした。そのため、これらの定義を必要とするアプリケーションをコンパイルできませんでした。今回の更新で、システムライブラリーヘッダーに、IPPROTO_ETHERNETIPPROTO_MPTCP、および INADDR_ALLSNOOPERS_GROUP の新しいネットワーク定数定義が追加され、アプリケーションを正しくコンパイルするようになりました。

(BZ#1930302)

gcc がバージョン 8.5 にリベース

GNU コンパイラーコレクション (GCC) がアップストリームバージョン 8.5 にリベースされ、以前のバージョンにバグ修正が数多く追加されました。

(BZ#1946758)

OpenSSL aes-cbc モード使用時の間違ったファイルの復号化

OpenSSL EVP aes-cbc モードはファイルを正しく復号しませんでした。Go CryptoBlocks インターフェースが完全なブロックを想定しているのに対し、パディングを処理することを想定しているためです。この問題は、OpenSSL で EVP 操作を実行する前にパディングを無効にすることによって修正されました。

(BZ#1979100)