第4章 新機能

ここでは、Red Hat Enterprise Linux 8.4 に追加された新機能および主要な機能強化を説明します。

4.1. インストーラーおよびイメージの作成

Anaconda が、元のブートデバイス NVRAM 変数リストを新しい値に置き換えます。

以前は、NVRAM からの起動により、ブートデバイスリストのエントリーが正しくない を持つために、起動システムが失敗する可能性がありました。

今回の更新でこの問題が修正されていますが、ブートデバイス NVRAM 変数の更新時に、以前のデバイスのリストは消去されるようになりました。

(BZ#1854307)

IBM Z への KVM 仮想マシンのグラフィカルインストールが利用できるようになりました。

IBM Z ハードウェアで KVM ハイパーバイザーを使用する場合は、仮想マシンの作成時にグラフィカルインストールを使用できるようになりました。

ユーザーが KVM でインストールを実行し、QEMU が virtio-gpu ドライバーを提供すると、インストーラーがグラフィカルコンソールを自動的に起動するようになりました。ユーザーは、仮想マシンのカーネルコマンドラインに inst.text または inst.vnc ブートパラメーターを追加して、テキストまたは VNC モードに切り替えることができます。

(BZ#1609325)

非推奨のカーネルブート引数の警告

inst. 接頭辞 (ksstage2repo など) なしの Anaconda ブート引数は、RHEL7 の起動が非推奨になりました。これらの引数は、次の RHEL メジャーリリースで削除されます。

今回のリリースにより、inst 接頭辞なしでブート引数を使用すると、適切な警告メッセージが表示されるようになりました。警告メッセージは、インストールの起動時に dracut に表示されます。また、インストールプログラムがターミナルで開始される際にも表示されます。

以下は、ターミナルに表示される警告メッセージの例です。

非推奨のブート引数 %s は、inst. 接頭辞とともに使用する必要があります。代わりに inst.%s を使用してください。inst. 接頭辞のない Anaconda ブート引数は非推奨となり、今後のメジャーリリースで削除されます。

以下は、dracut に表示される警告メッセージの例です。

$1 が非推奨になりました。inst. 接頭辞のない Anaconda ブート引数の使用はすべて非推奨となり、今後のメジャーリリースで削除されます。代わりに $2 を使用してください。

(BZ#1897657)