10.5. ネットワーク

nm-cloud-setup サービスは、手動で設定されたセカンダリー IP アドレスをインターフェイスから削除する

クラウド環境から受け取った情報に基づいて、nm-cloud-setup サービスがネットワークインターフェイスを設定します。インターフェイスを手動で設定するには、nm-cloud-setup を無効にします。ただし、場合によっては、ホスト上の他のサービスもインターフェイスを設定できます。たとえば、これらのサービスはセカンダリー IP アドレスを追加できます。nm-cloud-setup がセカンダリー IP アドレスを削除しないようにするには、

  1. nm-cloud-setup サービスおよびタイマーを停止して無効にします。

    # systemctl disable --now nm-cloud-setup.service nm-cloud-setup.timer
  2. 使用可能な接続プロファイルを表示します。

    # nmcli connection show
  3. 影響を受ける接続プロファイルを再アクティブ化します。

    # nmcli connection up "<profile_name>"

その結果、このサービスは、手動で設定されたセカンダリー IP アドレスをインターフェイスから削除しなくなりました。

(BZ#2132754)

GRO が無効になっていると、IPsec オフロード中に IPsec ネットワークトラフィックが失敗します。

デバイスで汎用受信オフロード (GRO) が無効になっていると、IPSec オフロードは機能しません。IPsec オフロードがネットワークインターフェイスで設定され、GRO がそのデバイスで無効になっていると、IPsec ネットワークトラフィックに失敗します。

この問題を回避するには、デバイスで GRO を有効にしたままにします。

(BZ#1649647)