10.10. 動的プログラミング言語、Web サーバー、およびデータベースサーバー

32 ビットアプリケーションで呼び出されると getpwnam() が失敗する場合がある

NIS のユーザーが getpwnam() 関数を呼び出す 32 ビットアプリケーションを使用する場合は、nss_nis.i686 パッケージがないと呼び出しに失敗します。この問題を回避するには、yum install nss_nis.i686 コマンドを使用して、不足しているパッケージを手動でインストールします。

(BZ#1803161)

OpenLDAP ライブラリー間のシンボルの競合により、httpd でクラッシュが発生することがある

OpenLDAP が提供する libldap ライブラリーと libldap_r ライブラリーの両方が、単一のプロセス内にロードされ、使用されると、これらのライブラリー間でシンボルの競合が発生する可能性があります。そのため、httpd 設定によって mod_security または mod_auth_openidc モジュールもロードされると、PHP ldap 拡張機能を使用する Apache httpd 子プロセスが突然終了する可能性があります。

Apache Portable Runtime (APR) ライブラリーに対する RHEL 8.3 の更新では、APR_DEEPBIND 環境変数を設定することでこの問題を回避できます。これにより、httpd モジュールのロード時に RTLD_DEEPBIND 動的リンカーオプションを使用できるようになります。APR_DEEPBIND 環境変数を有効にすると、競合するライブラリーをロードする httpd 設定でクラッシュが発生しなくなります。

(BZ#1819607)

OQGraph プラグインが有効な場合に、MariaDB 10.5 が存在しないテーブルの破棄について警告しない

OQGraph ストレージエンジンプラグインが MariaDB 10.5 サーバーに読み込まれると、MariaDB は存在しないテーブルの削除について警告しません。特に、ユーザーが DROP TABLE コマンドまたは DROP TABLE または DROP TABLE IF EXISTS SQL コマンドを使用して存在しないテーブルをドロップしようとすると、MariaDB はエラーメッセージを返したり警告をログに記録したりしません。

OQGraph プラグインは mariadb-oqgraph-engine パッケージにより提供されることに注意してください。デフォルトではインストールされません。

(BZ#1944653)

MariaDB では PAM プラグインバージョン 1.0 が機能しない

MariaDB 10.3 は、PAM (Pluggable Authentication Modules) プラグインバージョン 1.0 を提供します。MariaDB 10.5 は、プラグインバージョン 1.0 および 2.0 を提供します。バージョン 2.0 がデフォルトです。

RHEL 8 では、MariaDB PAM プラグインバージョン 1.0 は機能しません。この問題を回避するには、mariadb:10.5 モジュールストリームによって提供される PAM プラグインバージョン 2.0 を使用します。

MariaDB 10.5 は、PAM プラグインバージョン 2.0 を提供します。 も併せて参照してください。

(BZ#1942330)

pyodbcMariaDB 10.3 で動作しない

現在、pyodbc モジュールは、RHEL 8.4 リリースに含まれる MariaDB 10.3 サーバーでは機能しません。MariaDB 10.3 サーバーおよび MariaDB 10.5 サーバーの以前のバージョンは、この問題の影響を受けません。

根本的な原因は mariadb-connector-odbc パッケージにあり、影響を受けるパッケージバージョンは以下のとおりです。

  • pyodbc-4.0.30
  • mariadb-server-10.3.27
  • mariadb-connector-odbc-3.0.7

(BZ#1944692)