4.10. 高可用性およびクラスター

コロケーション制約における非クリティカルなリソースに対応

今回の機能拡張により、コロケーション制約を設定して、制約に依存するリソースが移行しきい値に達すると、Pacemaker はそのリソースをオフラインにし、両方のリソースを別のノードに移動せずに現在のノードにプライマリーリソースを維持するようになります。この動作をサポートするために、コロケーション制約には influence オプション (true または false を設定可能) が設定され、リソースに critical なメタ属性があり、リソースには true または false を設定できるようになりました。critical リソースのメタオプションの値により、リソースが依存するリソースとして関連する全コロケーション制約に対する influence オプションのデフォルト値が決まります。

influence 制約オプションの値が true の場合、プライマリーリソースと依存するリソース両方をアクティブに維持しようとします。依存するリソースが障害の移行しきい値に達すると、可能な場合は両方のリソースが別のノードに移行します。

influence のコロケーションオプションの値が false の場合、Pacemaker は、依存するリソースのステータスが原因でプライマリーリソースを移行しないようにします。この場合、依存するリソースが障害の移行しきい値に達すると、プライマリーリソースがアクティブで、現在のノードに留まると停止します。

デフォルトでは、critical リソースのメタオプションの値は true に設定され、次に influence オプションのデフォルト値が true であると判断します。これにより、Pacemaker が両方のリソースをアクティブに維持しようとする以前の動作が保持されます。

(BZ#1371576)

Pacemaker ルールでサポートされる新しい数値のデータ型

PCS が number のデータタイプに対応するようになりました。これは、ルールを受け入れる PCS コマンドで Pacemaker ルールを定義する際に使用できます。Pacemaker ルールは、number を二重の浮動小数点数として実装し、integer を 64 ビット整数として実装します。

(BZ#1869399)

クローンリソースまたは昇格可能なクローンリソースの作成時にカスタムクローン ID を指定する機能

クローンリソースまたは昇格可能なクローンリソースを作成すると、そのクローンリソースはデフォルトで resource-id -clone という名前になります。その ID がすでに使用されている場合には、PCS は接尾辞 -integer を追加します。整数値は 1 で始まり、追加のクローンごとに 1 つずつ増えます。pcs resource create または pcs resource clone コマンドを使用してクローンリソースを作成する場合は、clone-id オプションを使用して、クローンリソース ID または昇格可能なクローンリソース ID の名前を指定して上書きできるようになりました。クローンリソースの作成に関する詳細は、複数のノードでアクティブなクラスターリソースの作成 を参照してください。

(BZ#1741056)

Corosync 設定を表示する新しいコマンド

新しい pcs cluster config [show] コマンドを使用して、出力形式で corosync.conf ファイルの内容を出力できるようになりました。デフォルトでは、pcs cluster config コマンドは テキスト 出力形式を使用します。これは、pcs cluster setup および pcs cluster config update コマンドと同じ構造およびオプション名を持つ、人間が判読可能な形式で Corosync 設定を表示します。

(BZ#1667066)

既存クラスターの Corosync 設定を変更する新しいコマンド

新しい pcs cluster config update コマンドを使用して、corosync.conf ファイルのパラメーターを変更できるようになりました。たとえば、このコマンドを使用すると、totem トークンを増大して、一時的にシステムの応答しない際にフェンシングを回避できます。corosync.conf ファイルの変更に関する詳細は、Modifying the corosync.conf file with the pcs command を参照してください。

(BZ#1667061)

既存クラスターでの Corosync トラフィック暗号化の有効化および無効化

以前のバージョンでは、Corosync トラフィック暗号化は新規クラスターの作成時にのみ設定できました。今回の更新により、以下が可能になります。

  • pcs cluster config update コマンドを使用して、Corosync 暗号暗号およびハッシュの設定を変更できます。
  • pcs cluster authkey corosync コマンドを使用して Corosync authkey を変更できます。

(BZ#1457314)

共有および暗号化された GFS2 ファイルシステム用の新しい crypt リソースエージェント

RHEL HA が、新しい crypt リソースエージェントに対応するようになりました。これにより、共有および暗号化された GFS2 ファイルシステムを提供するために使用できる LUKS 暗号化ブロックデバイスを設定できるようになりました。crypt リソースの使用は現在、GFS2 ファイルシステムでのみサポートされています。暗号化された GFS2 ファイルシステムを設定する方法は、Configuring an encrypted GFS2 file system in a cluster を参照してください。

(BZ#1471182)