7.2. ソフトウェア管理

%autopatch rpm マクロで新しい -m および -M パラメーターに対応

今回の更新で、-m (min) および -M (max) パラメーターが %autopatch マクロに追加され、指定のパラメーターでパッチの範囲だけが適用されるようになりました。

(BZ#1834931)

POPT がバージョン 1.18 にリベースされました。

popt パッケージがアップストリームバージョン 1.18 にアップグレードされ、以前のバージョンに対する主な変更点が加えられました。

  • 全体的なコードベースクリーンアップおよび最新化。
  • alias exec コマンドの特権の削除に失敗する問題が修正されました。
  • リソースリークを含むさまざまなバグが修正されました。

(BZ#1843787)