7.13. グラフィックインフラストラクチャー

最新の Intel ノートパソコンで、ディスプレイバックライトが確実に機能するようになりました。

Intel CPU を使用する最近のラップトップでは、ディスプレイのバックライトを制御するプロプライエタリーインターフェイスが必要です。以前は、RHEL はプロプライエタリーインターフェイスに対応しておらず、ノートパソコンでは信頼できない VESA インターフェイスの使用を試みていました。そのため、RHEL は、このノートパソコンでディスプレイのバックライトを制御しませんでした。

今回の更新で、RHEL はプロプライエタリーバックライトインターフェイスへの対応が追加され、結果としてディスプレイ制御が期待どおりに機能するようになりました。

(BZ#1885406)