7.8. ファイルシステムおよびストレージ

EREMOTE エラーで SMB ターゲットへのアクセスが失敗しなくなりました。

以前は、cifsacl マウントオプションを使用した RHEL SMB クライアントに VC 名前空間をマウントすることはできず、リストが EREMOTE エラーで失敗していました。今回の更新で、カーネルが EREMOTE に対応するように修正され、SMB 共有にアクセスできるようになりました。

(BZ#1871246)

NFS readdir 関数のパフォーマンス向上

以前は、ディレクトリーをリスト表示する NFS クライアントのプロセスが、リストを完了するのに時間がかかり、永久に完了しなくなる可能性がありました。今回の更新で、次のシナリオで、NFS クライアントディレクトリーのリスティングが改善しました。

  • 100,000 個以上のファイルを含む大きなディレクトリーのリスト表示。
  • 修正されるディレクトリーのリスト。

(BZ#1893882)