9.3. ファイルシステムおよびストレージ

NVMe/TCP がテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

TCP/IP ネットワーク (NVMe/TCP) および対応する nvme-tcp.ko および nvmet -tcp.ko カーネルモジュールへのアクセスおよび共有がテクノロジープレビューとして追加されました。

ストレージクライアントまたはターゲットのいずれかとしての NVMe/TCP の使用は、nvme-cli パッケージおよび nvmetcli パッケージに含まれるツールで管理できます。

NVMe/TCP ターゲットテクノロジープレビュー機能はテスト目的としてのみ同梱されており、現時点ではフルサポートの予定はありません。

(BZ#1696451)

ファイルシステム DAX が、テクノロジープレビューとして ext4 および XFS で利用可能になりました。

Red Hat Enterprise Linux 8.2 では、ファイルシステムの DAX がテクノロジープレビューとして利用できます。DAX は、永続メモリーをそのアドレス空間に直接マッピングする手段をアプリケーションに提供します。DAX を使用するには、システムで利用可能な永続メモリーの形式が必要になります。通常は、NVDIMM (Non-Volatile Dual In-line Memory Module) の形式で、DAX に対応するファイルシステムを NVDIMM に作成する必要があります。また、ファイルシステムは dax マウントオプションでマウントする必要があります。これにより、dax をマウントしたファイルシステムのファイルの mmap が、アプリケーションのアドレス空間にストレージを直接マッピングされます。

(BZ#1627455)

OverlayFS

OverlayFS は、ユニオンファイルシステムのタイプです。これにより、あるファイルシステムを別のファイルシステムに重ねることができます。変更は上位のファイルシステムに記録され、下位のファイルシステムは変更しません。これにより、ベースイメージが読み取り専用メディアにあるコンテナーや DVD-ROM などのファイルシステムイメージを、複数のユーザーが共有できるようになります。詳細は、Linux カーネルのドキュメントhttps://www.kernel.org/doc/Documentation/filesystems/overlayfs.txtを参照してください

OverlayFS は、ほとんどの状況で引き続きテクノロジープレビューになります。したがって、カーネルは、この技術がアクティブになると警告を記録します。

以下の制限下で、対応しているコンテナーエンジン (podmancri-o、または buildah) とともに使用すると、OverlayFS に完全対応となります。

  • OverlayFS は、コンテナーエンジンのグラフドライバーとしての使用のみの対応となります。その使用は、コンテナーの COW コンテンツのみに対応し、永続ストレージには対応していません。非 OverlayFS ボリュームに永続ストレージを配置する必要があります。デフォルトのコンテナーエンジン設定のみを使用できます。つまり、あるレベルのオーバーレイ、1 つの下位ディレクトリー、および下位と上位の両方のレベルが同じファイルシステムにあります。
  • 下層ファイルシステムとして使用に対応しているのは現在 XFS のみです。

また、OverlayFS の使用には、以下のルールと制限が適用されます。

  • OverlayFS カーネル ABI とユーザー空間の動作については安定しているとみなされていないため、今後の更新で変更が加えられる可能性があります。
  • OverlayFS は、POSIX 標準の制限セットを提供します。OverlayFS を使用してアプリケーションをデプロイする前に、アプリケーションを十分にテストしてください。以下のケースは、POSIX に準拠していません。

    • O_RDONLY で開いているファイルが少ない場合は、ファイルの読み取り時に st_atime の更新を受け取りません。
    • O_RDONLY で開いてから、MAP_SHARED でマッピングした下位ファイルは、後続の変更と一貫性がありません。
    • 完全に準拠した st_ino 値または d_ino 値は、RHEL 8 ではデフォルトで有効になっていませんが、モジュールオプションまたはマウントオプションを使用して、この値の完全な POSIX コンプライアンスを有効にできます。

      一貫した inode 番号を付けるには、xino=on マウントオプションを使用します。

      redirect_dir=on オプションおよび index=on オプションを使用して、POSIX コンプライアンスを向上させることもできます。この 2 つのオプションにより、上位レイヤーの形式は、このオプションなしでオーバーレイと互換性がありません。つまり、redirect_dir=on または index=on でオーバーレイを作成し、オーバーレイをアンマウントしてから、このオプションなしでオーバーレイをマウントすると、予期しない結果またはエラーが発生することがあります。

  • XFS で使用されるコマンド:

    • XFS ファイルシステムは、オーバーレイとして使用する -n ftype=1 オプションを有効にして作成する必要があります。
    • システムのインストール時に作成された rootfs およびファイルシステムを使用して、Anaconda キックスタートに --mkfsoptions=-n ftype=1 パラメーターを設定します。
    • インストール後に新しいファイルシステムを作成する場合は、# mkfs -t xfs -n ftype=1 /PATH/TO/DEVICE コマンドを実行します。
    • 既存のファイルシステムがオーバーレイとして使用できるかどうかを確認するには、# xfs_info /PATH/TO/DEVICE | grep ftype コマンドを実行して、ftype=1 オプションが有効になっているかどうかを確認します。
  • SELinux セキュリティーラベルは、OverlayFS で対応するすべてのコンテナーエンジンでデフォルトで有効になっています。
  • このリリースでは、OverlayFS に関連する既知の問題がいくつかあります。詳細は、Linux カーネルドキュメントの「Non-standard behavior (https://www.kernel.org/doc/Documentation/filesystems/overlayfs.txt)」を参照してください。

(BZ#1690207)

Straits がテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

Stratis は、新しいローカルストレージマネージャーです。ユーザーへの追加機能を備えたストレージプールに、管理されるファイルシステムを提供します。

Stratis を使用すると、次のようなストレージタスクをより簡単に実行できます。

  • スナップショットおよびシンプロビジョニングを管理する
  • 必要に応じてファイルシステムのサイズを自動的に大きくする
  • ファイルシステムを維持する

Stratis ストレージを管理するには、バックグランドサービス stratisd と通信する stratis ユーティリティーを使用します。

Stratis はテクノロジープレビューとして提供されます。

詳細は、Stratis のドキュメント「STRATIS で階層化ローカルストレージの管理」を参照してください。

RHEL 8.2 は Stratis をバージョン 2.0.0 に更新します。このバージョンでは、信頼性と Stratis DBus API が改善されます。バージョン 2.0.0 についての情報は、『Stratis 2.0.0 Release Notes』を参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-1212)

IdM がテクノロジープレビューとして、IdM ドメインメンバーでの Samba サーバー設定に対応しました。

今回の更新で、Identity Management (IdM) ドメインメンバーに Samba サーバーを設定できるようになりました。同じ名前パッケージに含まれる新しい ipa-client-samba ユーティリティーは、Samba 固有の Kerberos サービスプリンシパルを IdM に追加し、IdM クライアントを準備します。たとえば、ユーティリティーは、sss ID マッピングバックエンドの ID マッピング設定で /etc/samba/smb.conf を作成します。その結果、管理者が IdM ドメインメンバーに Samba を設定できるようになりました。

IdM 信頼コントローラーが Global Catalog Service をサポートしないため、AD が登録した Windows ホストは Windows で IdM ユーザーおよびグループを見つけることができません。さらに、IdM 信頼コントローラーは、Distributed Computing Environment / Remote Procedure Calls (DCE/RPC) プロトコルを使用する IdM グループの解決をサポートしません。これにより、AD ユーザーは、IdM クライアントから Samba の共有およびプリンターにしかアクセスできません。

詳細は、「IdM ドメインメンバーでの Samba の設定」を参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-13195)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。