6.3. 新しい /proc/sys/kernel パラメーター

panic_print

パニックが発生したときにシステム情報を出力するビットマスク。

ユーザーは、以下のビットを組み合わせて選択できます。

  • ビット 0 - すべてのタスク情報の出力
  • ビット 1 - システムメモリー情報の出力
  • ビット 2 - タイマー情報の出力
  • ビット 3 - CONFIG_LOCKDEP カーネル設定項目がオンの場合にロック情報を出力
  • ビット 4 - ftrace バッファーの出力

    たとえば、パニック時にタスクとメモリーの情報を出力するには、以下を実行します。

    # echo 3 > /proc/sys/kernel/panic_print
sched_energy_aware

このパラメーターは、Energy Aware Scheduling (EAS) を有効または無効にします。

EAS は、Energy Model が利用可能な非対称 CPU トポロジーを持つプラットフォームで自動的に起動します。

お使いのプラットフォームが EAS の要件を満たしているが、これを使用しない場合は、この値を 0 に変更します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。